サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。ただいま絶賛転職活動中です。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

【体験談】社会人2年目。より良い会社を求めてDODAに面談に行ってきました。

スポンサーリンク

今日はDODAに面談に行ってきました。

昨日のマイナビエージェントに続け2日連続です。

 

肉体的には仕事後ということもあり疲れていましたが、今週は転職の情報収集をする週と決めているので、体に鞭を打って面談に臨みました。

 

最初に驚いたのが、DODAは受付に人がいました。

(マイナビは電話で呼ぶ感じでした)

 

しかも、きれいな女性が4〜5人!

これだけで単純なぼくはテンションがあがりました。

 

さらに、部屋数もマイナビに比べて圧倒的に多く、ものすごく賑わっていました。

 

他の転職希望者もたくさんいて、最後にエレベーターが一緒になった方と情報交換できたりと人が多い利点もありました。

 

ちなみに、担当の方は佐野ひなこ似の女性でした。

 

ありがとうございます。

 

内容に関しては、最初に重点的に聞きたいことがなんなのか聞かれました。

 

なので、ぼくは気になっていた「これまでの経験を何も気にしないキャリアチェンジが可能なのか」について質問してみました。

 

回答としては「難しい」ということでした。

 

企業からすると、「第二新卒=中途採用の間口を広げるための口実」という側面があるため、たとえ第二新卒だとしてもいわゆる経験やスキルがなくても就職できる新卒のような「ポテンシャル採用」は少ないとのことでした。

 

これに関しては本当なのかなあという感じもしますが、とりあえず佐野ひなこさん的にはそういうことらしいです。

 

また、1社の内定を得るためには20社程書類選考を受ける必要があるとの初耳情報も頂きました。

 

ということは、色々比較するために3社内定が欲しいと欲張った場合、60社も書類を出さないとダメなんですね。

 

...ちょっと心が折れました。

 

さらに、中途採用の場合は無事に内定をもらえたとしても、入社するかどうかの回答を3日以内にしなければならない会社が多いそうです。

 

短い。。

 

(答えを待っている間に他の優秀な転職者を逃さないためらしいです)

 

なので、3社で比較したい場合は同じタイミングで3社内定をもらわないとだめなので、すごく難しいですね(^o^)

また心が折れました(^o^)

 

そのあとは、いきなり面接みたいな感じになりました。

 

「なんでこの大学選んだの?」

「なんでこの学部?」

「なんでこの会社」

「就活どんな感じでやってた?」

etc...

 

大量の質問を浴びせられだんだん自分で何を言っているのかわからなくなってきました。。

 

そして、給料などの希望を聞かれた後「今までの話で聞いた希望に沿って求人探してきますね」といった感じで一旦のブレイクタイムに入りました。

 

15分ほど放置された後、様々な求人を紹介してもらいました。

 

が、特に心に響くものもなく時間だけが過ぎていきました。

 

「将来のこと考えるとこれがいいですよ」とか「インフラエンジニアとして経験を積んで市場価値を上げてコンサル目指しましょう」とかそんなのばかり。

 

「なんだかなあ」って感じでした。

 

今欲してるのってキャリアとかキャリアステップがどうこうとかっていう感じじゃないんだよなあ。うまく言葉にできないけど。

  

最後に、早めに方向性を決めて下さいと釘をさされ「明後日までに」くらいな勢いだったのでなんとか「1週間」の猶予だけもらい面談は終わりました。

 

なんだかなあ。

 

結局ぼくは今の会社に嫌な部分が多いっていうだけで「もっとこういう事がしたい!!」みたいな確固たるものがないんですよね。

 

そういう「もっとこういう事がしたいんだ!!!」とか「今の会社は本当に最悪もうこれ以上耐えられない」という気持ちがないと転職するのは難しそうだなと感じました。

 

ぼくの苦悩はまだまだ続きそうです。

 

マイナビエージェントの体験談はこちら。

【体験談】マイナビエージェントに面談に行ってきました。 - サルキチのブログ

 

マイナビエージェントとDODAの面談サービスを体験し比較してみました。

【体験談】マイナビエージェントとDODA、両方面談に行ってみた感想 - サルキチのブログ