サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。ただいま絶賛転職活動中です。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

週休3日にすれば多くのサラリーマンが幸せになれると思う。水土日が休みならさらに幸せになれると思う。

スポンサーリンク

 社会人になってからよく思うのが「毎週当たり前のように5連勤ってきついな」ということです。

 

大学時代のアルバイトでも、3連勤くらいだと「稼いでやるぞ」とかなり気合いが入るのですが、5連勤の時は「はあ、こっから5日間バイトかあ。5日間遊べないのはキツイなあ。」という気持ちが強かったです。

 

そんな経験から「週休3日ならきっともっと前向きに頑張れるのに!」と思うようになりました。

f:id:saru_kichi:20170905071651j:image

週休3日と言っても、人によってどのタイミングで3日間休みたいか、生活リズムによって様々な願望があると思います。

 

ぼくは土日休みなのですが、これにプラスして水曜日も休みになったら最高だなと思います。

 

もし仮に水土日休みなら、いつもは憂鬱な週初めの月曜日も「2日間頑張れば休みだし頑張るか!」と前向きな気持ちで臨めます。

 

そして水曜日休んだ後も木金と働けばまた土日が休みなので、もはや木金は「プライペートなんていらない。むしろ水曜日休んだ分仕事したいっす。残業しろっていうならしまくるのでどんどん仕事下さい。」状態になれる気がします。

※気がするだけです。

 

こんな感じで「サラリーマン嫌だな」と思ってる人も週休3日なら「全然余裕で頑張れる!」って方は意外と多いのではないでしょうか。

 

とはいっても、いきなり毎週週休3日にするのは難しいかもしれません。

 

ということで、まずは2週間に1回でいいので週休3日にして下さい!

 

(誰に言ってるのでしょう...笑)

 

その2週間に1回の水曜日休みがどれほど働く活力になることか。

 

経営者や国からすると「休みの日を増やしたら今ですらやばい状態なのにさらに生産力が下がってしまう」なんて言われそうですが「そんなこと言われてもなあ」って感じです。

 

雇われの身なので真っ向から「そんなの関係ねえ!」なんて言えませんが、「働き方改革」で決められた時間で最大の成果を出すよう時代は流れていってる訳だし、この際週休3日をどんどん採用していって欲しいです。

 

多分、もし仮に転職活動で水土日休みの会社を見つけることができたら、飛びついてしまう気がします。

 

そのくらいぼくにとって水土日休みは魅力的です。

 

そんなに休ませてもらえるなら働く時は常に100%の力で臨みます。

 

これまでさんざん「サラリーマンってなんか嫌だなあ。キツイなあ。」という話をしてきましたが、水土日休みになればその悩みは解決される気がします。

 

今の仕事内容でもバリバリ頑張れます。

 

むしろ今以上に「やってやる!」という気持ちが芽生えてきそうです。

 

 ぼくの将来の夢は「広告で働きたい」とか「商社で働きたい」とかそんなものではなく「週休3日、水土日休みの会社で働きたい」だったのかもしれません。

 

 ......夢を見過ぎですよね。

 

でもきっといつか水土日休みというスタイルを手に入れたいと思います。