ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/キャリアと生き方。

転職活動をしていて思ったこと。

スポンサーリンク

転職活動をしていて思ったこと。

 

これまで3回ほど転職活動をしてきて、世間の転職活動に対するイメージと実際に自分でしてみた転職活動にはかなりの乖離があった。

 

世間(主にメディア、エージェント)では、売り手市場という煽り文句の元転職活動は余裕だというイメージを持たせようとしているように感じる。

 

実際転職活動をする前は、売り手市場だしどこかしら内定をもらって転職できるだろうと思っていた。

 

だが、仕事はたくさんあるはずなのに、自分の行きたい企業を絞っていくと面接に辿り着く企業は非常に少ない。

 

転職は、恋愛と似たようなもので、その時のタイミングや運に左右される部分も非常に大きいと感じている。

 

だからこそ、受け身の姿勢では良い相手は見つけられない。自分で行動して出会いを増やして価値観の合う相手、今後一緒にやっていけそうな相手を見つける。転職活動とはそういった活動だと思う。

 

これまでエンジニアとしてキャリアを積んできたが、自分はエンジニアに向いていないとずっと感じていた。

 

しかし、エージェントで提案されるのは全て今のキャリアを活かしたエンジニア職。

 

企業は第二新卒、ポテンシャル採用などとはいいつつと即戦力を求めているから、今のキャリアを活かした就活をした方がいいとのことだった。

 

腑に落ちない部分もありつつ、エンジニアとして何個か面接を受けてみたが、そもそも自分があまりいきたいと思っていなかったため、内定にはいたらず。

 

今は好きじゃないけどとりあえずデートに行ってみたら好きになるかもしれない!

 

で結果やっぱり好きにならない。を繰り返していた。

 

やっぱりそこも恋愛と一緒で合う合わないはあるので、自分と企業の方向性が合う企業を選ばないと、結局また辞めたくなって次を探して..の無限ループに入ってしまう。

 

そう考えると、新卒のキップは非常に大事だが、一度も社会人として働いたことのない状態で就職先を選ぶのは至難の技だと思う。

 

もちろんOB訪問を繰り返して行きたい業界を絞ったりすることは可能だ。一目惚れした企業に行くのも良いと思う。

 

ただ、一度も女性と付き合ったことのない人が一発で生涯の伴侶を見つけるのは難しいのと同様に、新卒で完璧にマッチする会社を見つけるのは今の仕組みでは難しいと思う。

 

最近、会社の同期が「一生この会社にいるつもりはない、そのうち転職活動をしようと思っている。売り手市場だし、どこかしらいいところに行けるだろう」と言っていた。

 

そのように考えている人は多いと思う。そういう方はぜひ一度転職活動をしてみることをオススメする。

 

現実が見えてくるし、自分が今後するべきことも見えてくる。

 

そして、現在の業務をこなしながら転職活動を進める大変さも実感できるだろう。

 

本当に転職したいのなら、自分の仕事が少しでも落ち着いている時期を選ばないと精神的にも体力的にもきつい。

 

職務経歴書も今から日々更新していった方が完成度が高くなる。

 

転職活動は、世間の声と実態との乖離を把握し、自分のニーズを顕在化させ、自分の未来をデザインしていくいい機会になると思う。