サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。ただいま絶賛転職活動中です。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

【出る杭は打たれる】サザエさんに見る成功の法則。

スポンサーリンク

本日は日曜日です。帰宅するとたまたまサザエさんがやっていました。

 

つい最近まで同年代だったカツオがいつの間にか一回り下の子どもになっていました。

 

時の流れは恐ろしいです。

そして、そろそろ僕もサザエさんと同じくらいの年なのかな?

と思い調べてみるとまさにドンピシャ。サザエさんは24歳でした。

 

そこに関しては妥当な感じがしましたが、ノリスケおじさんが25歳だということには驚きました。

おじさんって呼ばれてるから勝手に30代だと思っていたので...

 

ちなみにマスオさんの同僚のアナゴさんは27歳らしいです。

人を見かけで判断してはいけないという好例ですね。(どうみても27歳には見えないのですが...)

 

参考までに。

磯野波平  :54歳 
磯野フネ  :52歳
磯野カツオ :11歳
磯野ワカメ :9歳 
フグ田サザエ:24歳
フグ田マスオ:28歳
フグ田タラオ:3歳
波野ノリスケ:25歳

 引用:jamilog

 

波平が45歳、フネさんが43歳の時にワカメを産んでるんですね。

すごいです。夫婦円満!


とまあ、サザエさんの年齢は割とどうでもいいんですけど、久々にサザエさんを見て、

 

あぁ、明日からまた仕事か。。また仕事して終わる1週間が始まるんだ。。」という気持ちになりました。

 

現代社会におけるサザエさんとは、まさに休日の終焉を告げる鐘。

 

地獄へ誘うデストラーデ。

 

巷では

サザエさん症候群。」

なんて呼ばれたりしてるみたいですね。

 

サザエさん症候群サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日からまた通学仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である

引用:Wikipedia

 

サザエさんを見て、体調不良や倦怠感を訴える..そこまでいくとだいぶ重症だとは思いますが、気持ちは分かります。

 

僕も今思ってることは「明日仕事行きたくないなあ。ですから。

 

でもこれってサザエさんからしたらとんだとばっちりですよね?

 

日曜日の18時半から放送してるってだけでこんなこと言われる筋合いないですもんね。日曜日の18時半から放送してる番組なんて他にもたくさんありますもの。

 

これは、現代社会における「出る杭は打たれる」に通ずる部分があると僕は感じています。

 

サザエさんは目立ち過ぎたのです。「日曜日の夜」といえば「サザエさん」ということが国民の共通認識となってしまったことで、

 

出る杭となり周りから妬みや嫉みを持たれ足を引っ張られている状態ですね。まさに会社で仕事ができる人が足を引っ張られてるのと同じ状態なわけです。

 

ただ、「サザエさん」はそんなことを気にすることもなく、毎週毎週何を言われても放送を続け、放送話数でギネス記録にも認定されています。

 

なんて強靭なメンタルなのでしょう。まさに神。ゴッド。周囲から足を引っ張られても、信念を持って走り続ければ必ず努力は報われるということを行動で示した訳ですね。

 

「サザエさん」は1969年から放送されているので、2019年には50周年を迎えます。そんな長い期間信念を持ちながら走り続ける。

 

僕にもそんなことができるのでしょうか。。まさに「サザエさん」は「継続する」ことの重要性を伝え続け、成功するための方法を具現化した番組だなと痛感しました。

 

まさか久々に見たサザエさんから人生の成功法則を教えられるとは思っていませんでした。

 

サザエさんを見たそれぞれの年代がそれぞれの楽しみ方をできるのもサザエさんの魅力なのかもしれませんね。

 

ただ、やっぱり今の僕はサザエさんを見ると「明日から会社かあ」と現実を突きつけられる感じがします。なので、次からは録画して金曜日に見ます。これで問題解決ですね。それではおやすみなさい。