サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

【暇なサラリーマンおすすめ】最上級の暇つぶしの方法

スポンサーリンク

日々サラリーマンとして闘う同志のみなさん。

お疲れ様です。

 

今回は仕事中のサラリーマンの最高の時間の潰し方を紹介します。


みなさんの中に、暇なときにひたすらタイピング練習をした

経験がある方はいらっしゃらないでしょうか。

僕は1年目の仕事がなくて暇な時期に、

周囲の人から仕事をしているように見られたい一心で

猛烈にタイピングの練習をしていました。

猛烈にタイピングの練習をしていると

周囲からは「お、あいつヤル気あるな」と見てもらえます。

間違いなく暇すぎて眠気と戦い舟を漕いでいるよりは

いいでしょう。

暇なときはひたすらタイピング練習に限ります。

f:id:saru_kichi:20170810205347j:plain


しかし、世の中には「タイピング練習なんてしなくたって

ブラインドタッチくらいできるわボケい」という

猛者サラリーマンも多く存在することでしょう。

そこで、既にブラインドタッチができる猛者サラリーマンは暇な時間に

何をすればよいかについても考察してみました。

結論から言うと

「手を逆にしてブラインドタッチ」が一番良いでしょう。

想像してみて下さい。隣の席の人が右手と左手を

逆にして高速でブラインドタッチをしている様子を。

「想像するだけでかっこいい...」

僕は今まで右手と左手を逆にしてブラインドタッチをしている人を

見たことがありません。

恐らく、この「逆手ブラインドタッチ」ができる人材は

世界を見回してもいないのではないでしょうか。

早速やってみると、、

「難しすぎる。。。」

実際にやってみるとどこに何があるか全然分からない。

今まで鍛えてきたブラインドタッチの常識が

全く通じない世界。

今まで僕は何をしていたんだろうという無力感。

やはり突き抜けた人材になるには

人並みならぬ努力が欠かせないようです。

サラリーマンとして働く中で、何か突き抜けた才能が

欲しいと渇望しているそこのあなた。

暇な時間や隙間時間を使って「逆手ブラインドタッチ」の習得を目指してみては

どうでしょうか。

この技術を習得した暁には、きっと変人扱いされる日々が

待っていることでしょう。

この挑戦は周囲の目線を気にしがちなあなたにとって己との戦いであると同時に

完成形に至るまで決して周りの人に気づかれてはならない

極限の技術なのです。

僕が経営者なら間違いなくこの技術を持つ

人材を手に入れたいです。

ピアノを弾くがごとくの逆手ブラインドタッチ。

もはや芸術。

I'ts just the ART!

僕はこの突き抜けたスキルを手に入れ

転職活動で無双する予定です。



...この技術の力を信じるか信じないかはあなた次第です。