ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/悩める若手リーマンに送るキャリアと生き方。

フィリピン留学について

スポンサーリンク

先日、転職までの休暇期間を利用してセブ島に英語留学をしてきました。

 

セブ島留学といえば、安く質のいい授業を受けられるため、日本人に人気の場所となっています。

 

(前職の上司にはフィリピンなんて留学のうちに入らないと言われましたが。ちょっと古い気も。でも考え方は人それぞれ。)

 

話がそれましたが、結論から言うと内容が非常に濃く充実した時間を過ごすことができました。

f:id:saru_kichi:20190625111657j:image

1日のスケジュールはだいたいこんな感じ

7:30 起床

7:45 朝食

8:00 授業開始

12:00 お昼休憩

13:00 授業再開

17:00 授業終了・休憩開始

18:00 夜ご飯・散策など

20:00 予習・復習・HW

23:00 YouTube、SNSパトロールなど

24:00 就寝

 

1日8時間の授業とプラスαで予習・復習・HWとかなりの英語漬けの日々です。

 

私の場合、大学以来の英語だったので最初はかなり戸惑いましたが、なにしろ英語しかコミュニケーション手段がないので無理やり絞り出していくうちによく使う表現を身につけていく感じでした。

 

私は今回英語学習へのモチベを上げること+バカンスが目的だったので1weekの滞在でした。

 

結果的に、十分目的を達成して帰国できました。

転職する方は、余裕があれば留学を挟んで次の職に就くことをオススメします。海外で生活する経験も貴重ですし、現地での仲間もできます。

 

少なからず視野が広がると思います。

あと、休暇中の堕落した生活を回避できます。

 

ただ、英語でコミュニケーションを取れるようになることが目標の場合は、少なくとも3-6ヶ月の留学は必要だと感じました。

 

毎日英語漬けでこれですから、日本のみでの英語習得は至難の業ですね。。

 

ティーチャーがオススメしてくれた日本での勉強法は、英語の映画を見ること。

 

現地の方も映画からボキャブラリーや言い回しを増やしてるとのことです。また、発音が綺麗なので初心者向けのリスニング練習にも持って来いとのことでした。

 

今回の留学で英語を勉強しようという気になったので、日本で勉強をしつつフィリピンを再訪した際にティーチャーに驚かれるよう英語力向上できればと思います。

 

また会社を辞めることがあれば長期で留学します。

 

p.s.

現地で英語が全くできない青年と友人になりました。彼は3ヶ月の留学の後カナダにワーキングホリデーに行くとのこと。

行動力があって素晴らしい。

3ヶ月後に日本で再会することになっているので、彼の英語力がどれだけ伸びているか楽しみです。