ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/悩める若手リーマンに送るキャリアと生き方。

【体験談】社会人3年目、面接を受けて来ました

スポンサーリンク

お疲れ様です。

 

今日は前回面談を受けた企業の一次面接を受けて来ました。

 

とっても疲れました。

 

忘れないうちに話した内容のメモをします。

f:id:saru_kichi:20190625101755j:image

まずは自己紹介。

これまでの経歴を踏まえて自己紹介をしてくださいと言われたので、生い立ちから話しました。

 

特に事前準備はしてなかったので、飲み会で初対面の人に自己紹介する感じにもう少し仕事エッセンスを付け加えて話しました。

 

読書が趣味と言ったらオススメの本を紹介する流れになったので、嘘は禁物です。

 

その他には

・なぜ転職活動を始めたか

・何を軸に転職活動をしているか

・今までの仕事での成功例・失敗例

・自分の強み弱み

・将来どうなりたいか

・技術は好きか(IT企業なので)

・SNSのアカウントは何をもっているか

・どのような発信をしているか

 

などなどでした。

 

とりあえず話したいことは話せましたが、ある程度話す内容を準備してからいってもよかったかなという振り返りです。

 

面談の時と同じ方が面接官でしたが、前回とは全く違う雰囲気でした。

 

リモートで顔を見せずに話だけ聞いてる担当者もいたので、なんとなくむず痒い感じでした。

 

とりあえずまとめとして

・「自分はこういうことができて、貴社にこういうメリットを与えられます。」をいかに相手に伝えるかが大事だなと再認識しました。

 

転職活動をしないにしてもその点は常に自分の中でアップデートし続ける必要があるなと感じましたので、今後ともアップデートし続けていこうと思います。

 

自分の市場価値を丸裸にされるので、ぜひ時間のある方は積極的に面接に行って欲しいと思います。