ロックン・ロール

社会人3年目ITエンジニア。社会人1年目〜3年目に至るまでの考え方の変遷を綴ります。 今の生活にどこか満足しきれないぼくの生き様をお送りします。

社会人3年目になりどんどん社畜耐性がついているのが自分でわかる

スポンサーリンク

社会人って嫌だなあ。

 

こんな生活40年も続けられない。

 

と嘆いていたぼくでしたが

 

3年目ともなるとさすがに耐性がついてきたようです。

f:id:saru_kichi:20180423200132j:image

まだまだエンジニアとしての知識、社内業務ともにわからないこともたくさんありますが、それでも最初の頃よりは自分の力量でなんとかできる場面が増えてきました。

 

おそらく、いっときの忙しい+トラブル続きだった時期を乗り越え、それ以下の出来事に対してはあまり動じない胆力のようなものは身についてきたのだと思います。

 

ですが、正直今の仕事が楽しいと思う瞬間はほとんどなく、仕事だしお金もらえるし仕方なくやるというような気持ちで仕事に取り組んでいる日々です。

 

一時は転職した方がいいのではないかと思い、転職活動をして面接を受けていたこともあります。

 

今でも、仕事後や土日を使って、社外の人に積極的に会いに行き話をするように心がけています。

 

そんな中で最近よく思うのが、社外の人と会うと普段会社の人としか話していない分めちゃくちゃ視野が広くなります。

 

ただ、その分自分の中に選択肢が増え、今の環境にフルコミットしづらくなるというデメリットも感じています。

 

おそらく、今の会社に居続けるという選択肢がぼくの人生において一番楽な選択肢なんじゃないかと思ってます。

 

仕事自体は嫌なことも多々ありますが、まあ頑張れば結局なんとかはなりますし、何より人生における決断を迫られるタイミングがないので楽です。

 

でも、一生このままでいいのかなとふと思うタイミングもあります。

 

今の会社にこのまま染まっていくと転職することも難しくなる気がしていますし、今後どうするべきなのか難しいところです。

 

とりあえず、GWの連休で東南アジア3〜4カ国に旅に出るので、そこで色んなところを見て色んな人と話して色んなことを感じて今後の判断の糧にしたいと思ってます。