サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。ただいま絶賛転職活動中です。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

【電子書籍kobo glo】機械音痴なぼくが使ってみた感想。

スポンサーリンク

機械がスゴイ苦手な僕ですが、2017年5月に一念発起し、社会人としてのステータスを上げるべく電子書籍kobo gloを購入してみました。

f:id:saru_kichi:20170815171047j:plain

セットアップも楽天IDを持っていたので簡単にできました。

※楽天IDをお持ちでない場合でも、登録はすぐにできるのでそんなに難しくないです。

 

【購入を決めた理由】

GWに、福岡で仕事をしている友人が地元に帰ってきていました。お互いの社会人になってからの苦労話に華を咲かせていると、突然彼のカバンから「kindle」なるものが出てきました。

 

僕「何それ?」

友人「kindleっていう電子書籍だぜ☆」

 

っていう感じで、初めて生の電子書籍を見ました。

 

ずっと気になってはいたのですが、使い方もよくわからないし、別に紙で読めばいいだろうとずっと自分に言い聞かせていたのですが、

 

この時は友人に先を越された感じがして「負けていられない」と謎の負けず嫌いを発揮し、即電子書籍購入を決意しました。

 

あと、「友人が使いこなせてるなら僕も使いこなせるだろう」という気持ちも購入の背中を押してくれました。

 

買うと決めたらまず調査。

電子書籍にも色々な種類があることがわかりました。

 

その中でも有名なのが

Amazonの「kindle」と楽天の「kobo」みたいです。

 

「kobo」なんてこの時に初めて知りました。我ながら情弱です。

 

世間一般では「kindle」の方が有名だと思いますが、僕は楽天ユーザーでポイントなども全て楽天に集約するようにしているので、

 

電子書籍を購入する度にポイントが増えていくことに魅力を感じ、楽天の「kobo」を買うことにしました。

 

そして、その「kobo」の中でも「kobo glo」と「kobo aura」なるものがあり、「kobo glo」は通常の電子書籍リーダーで「kobo aura」は防水機能がついたものだということがわかりました。

 

価格は楽天で調べるとピンキリなのですが、だいたい「kobo glo」も「kobo aura」も2万円強です。(「kobo aura」はサイズでさらに2つに分かれ、その分値段も若干変わるようです。)

 

僕はお風呂で読書をする機会はなかったので、まずは実験的に「kobo glo」を購入することにしました。

Kobo Kobo Glo HD Black ブラック N437-KJ-BK-S-EP

価格:21,060円
(2017/8/17 21:14時点)
感想(0件)

電子書籍リーダーKobo Aura H2Oスリープカバーセット(ブラック)

価格:22,000円
(2017/8/17 21:11時点)
感想(13件)

***実際に使ってみて感じるメリット***

目に優しい

電子書籍なのに、紙で読んでる感じと全然変わりません。周囲の友人も、全然紙と変わらないじゃん!というリアクションでした。

 

暗いところでもバックライトがあるのでサクサク読めます。寝る前とかも部屋の電気を消してから読めるのがいいですね。

軽い

何冊も同時に読む場合でもkobo 1つ持ち歩いていればオッケーなのですごい楽です。

 

購入当初は嬉しさから4冊を同時に読み進めていました。(紙の本を4冊持ち歩くとなると大変ですよね...)

隙間時間ですぐ読める

これも非常に大きいです。今まで電車の移動やちょっと空いた時間はスマホのゲームやSNSをボーッと見てるだけでしたが、

 

電子書籍があれば5分でもかなり読み進められます。また、電車の中でも片手で読めるので満員電車でも読み進められます。

電池の持ちがすごい

電子書籍を買ってから2ヶ月が経ちますが、未だに充電は2回しかしてないです。

 

iPhoneと比べるととにかく電池の持ちがスゴイです。ずっとカバンに入れっぱなしでいいのでとっても楽ですね。

その場で買ってその場で読める

電子書籍を持っていれば、わざわざ本屋に行く必要がありません。気になった本を検索し、気に入れば購入するだけ。

 

ネット環境さえあればその場ですぐに同期して読み始められるので、気持ちが熱いうちに読み始めることができます。

 

***実際に使ってみて感じるデメリット***

読み終わった本を売れない

僕は最近は読み終わった紙の本を「ブクマ!」で売っているのですが、電子書籍だと読み終わっても売れない点が残念だなと感じています。

見直したいページにすぐいけない

紙の本のようにペラペラページをめくれないので、見直したい時は少し不便を感じます。ただ、心に余裕を持って見直せばそこまでは気になりません。

反応が遅い

慣れれば気になりませんが、iPhoneなどと比べるとタッチしてから反応するまでに若干のタイムラグがあります。最初は戸惑いますが、慣れれば全く問題ありません。

電子版が無い本もある

この本読んでみたいと思っても、電子版としては販売されていない本もあります。

 

だいたい僕が読みたいと思ったビジネス本や自己啓発の本は電子版がありましたが、ブログの書き方系の本は電子版がないものもありました。

 

その場合は諦めるかどうしても読みたければ紙の本を買っています。

 

 ***まとめ***

電子書籍を購入してみて生活自体がだいぶ変わりました。

本を読む時間や量が圧倒的に増えました。

 

 電子書籍を買えばQOLが上がること間違いなし!だと思います。

 

見た目もかっこ良いし持ってるだけでワンランク上の男になれます。(多分)

 

ということで、気になっている人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。