ロックン・ロール

SIer。キャリアと生き方。

会社という組織のゆくえ。

スポンサーリンク

元号が平成となり早30年が経ち、ついにその時代に幕を閉じようとしています。まだまだ大きく実感する機会はありませんが、社会情勢や景気の変動に伴い、働き方を取り巻く環境が少しずつ変動しようとしているのが今の時代でしょう。

f:id:saru_kichi:20180702194352j:image

高度経済成長期から現代にいたるまでに作り上げられ維持されてきたルールや価値観は限界を迎え、崩壊に向かっていると肌感で感じている人も多いのではないでしょうか。

 

テクノロジーの進歩と人口減少があいまって、これまでのやみくもな働き方が通用する時代、大手企業に入れれば安泰といった時代は終わりを迎えるでしょう。

 

今後Technologyの進歩により各業界で低迷期、人員削減などの大きな波が来るのではないでしょうか。

 

また、今年の大きな流れとして、副業(複業)を解禁する企業が増えてきました。これは、個人の力にフォーカスが当たってきている反面、企業の力が弱まり社員を雇用し続けることが困難になって来ているということでしょう。


こういった背景を考慮すると、今後加速度的に副業を解禁する企業が増え始めるでしょう。

 

そうした流れの中で、会社という枠組みは徐々に崩壊し、仕事はプロジェクトベースになっていくでしょう。


人々は複数のコミュニティに所属し、その中で複数の役割を担っていく。
そういった複数のコミュニティで複数の役割を担い自分のやりたいことを遂行していくことが当たり前の時代がすぐそこまで来ている気がします。

 

現に、今でも先鋭的な人たちは様々なコミュニティに所属しプロジェクトベースで仕事をしています。

 

しかも自ら選んで所属しているコミュニティなので、仕事がただの作業になってしまている俗にいう「大手病」にかかっている方々とは違い、楽しく働いている人が多いように感じます。

 

これまでの時代は「学歴」「職歴」が大事でした。それさえ手にいれればエリート街道が約束されていた。


しかし、Technologyが発達している現代では「何ができるのか」「どういった価値を提供できるのか」「本当に信頼できるのか」といった点が重要になると感じています。


「仕事何してるの?」「何ができるの?」「何してる時楽しいの?」
これらの問いに即答できないぼくは時代の流れについていけていないと痛感しています。


会社のリソースを最大限活用しスキルを身に着けることも大切ですが自分の興味があることがあればどんどん行動していき自分の色を作り出していくことが、ぼくの20代後半の命題になるかと思います。

 

飲み会でアイデアベースの話をし
「面白そうだからやってみようよ」「それをやるならあいつならできるはずだ」
といったような形でプロジェクトベースで仕事をできるようになるのが今の理想であります。


0から積み上げていきます!!