ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/悩める若手リーマンに送るキャリアと生き方。

上司に恵まれた人は本当に羨ましい。

スポンサーリンク

今日は上司のお話。

 

サラリーマンとして働いていると避けられないのが上司との関わり。多かれ少なかれ上司との関わりがある人は多いと思います。

f:id:saru_kichi:20190624220453j:image

入社したての頃は右も左もわからないのでとりあえず上司の言うことに耳を傾けていましたが、年次が増えてくるとともに上司の言っていることに納得できないことが増えてきました。

 

そもそも、入社する前は自分の中で理想の上司像があって、そんな理想のイケてる上司と働くことを夢見ていました。

 

ただ、実際に働いてみると「カッコイイ」とか「この人みたいになりたい」みたいな憧れは生まれることはありませんでした。

 

別に愚痴を言いたいわけではなく、そういう人が多い環境だと自分も将来そうなってしまうのではないかという危惧があります。

 

話を本筋に戻すと、最近上司から「積極性が足りない、自分から手を上げて仕事を取りに行くように」と言われることが増えました。

 

こう言われるのは当然で、そもそも今は仕事<プライベートの考え方で生きてるので、積極的に手なんて上げたら仕事が増えて定時で帰れなくなる。

 

そのため、全くもって積極性を出さず与えられた仕事のみを適宜こなしていくスタイルでやっているので、もちろん周りから見ても積極性がなく見えるのは当然だと思います。

 

そもそも、ただ「積極的に仕事をしろ」っていうのってナンセンスだと思いませんか?

 

結果を出したいと思っている人や仕事が好きな人であれば何も言われなくても積極的にやるでしょう。

 

積極性が見えないのはそこに何かしらの理由があるはずだと思うんです。

 

なのに、根本の部分には触れず「積極的に仕事をしろ」なんて言われても「?」って感じです。

 

もし自分が上司の立場だったら、部下のKPIを細かく決めて、こまめに報告させる対応をすると思います。人はなんだかんだ目の前に目標があれば頑張れる生き物だと思うので。

 

ただ、普段放置なのに経営陣から喝が入った時だけ部下とコミュニケーションを取ろうとしてきてもこちら側も困ってしまいます。

 

部下の管理は上司の仕事の大半を占めると思っています。そういう意味でも自分がプレイヤーから抜けられていない上司は要注意です。

 

この手の上司は本当に忙しそうです。自分の仕事に加え部下の管理もするのだから当たり前といえば当たり前ですね。

 

ですが、それで無理して残業ばかりして、部下の教育や管理には手が回らず。。

 

となると、上司だけでなく部下も可哀想です。

 

上司になる人はしっかりとした考えを持って欲しいですし、自分も部下を管理する側に回る時には気をつけようと思います。

 

ただの良い人じゃなくて尊敬される上司がいいですね。