ロックン・ロール

SIer。キャリアと生き方。

人生のゴール地点を決めるということ。

スポンサーリンク

今回はぼくの悩みについてです。

 

あなたは自分の人生の目標を持っているでしょうか。

 

先日、友人と話していて、社会人になってからずっともやもやしていた理由が少しわかった気がします。

 

友人は「将来こうなりたいから、そのためには今これをして、来年はこれをして、、」となりたい姿になるために今何をすべきなのかを具体化していました。


それに比べ、今のぼくは目標(人生のゴール地点)を定めずただただ生きてしまっています。


そのため、全てのことが当たり障りのないようにこなすだけの作業に代わってしまいます。

f:id:saru_kichi:20180508182128j:image

思い返すと、高校時代は甲子園に出場するという明確な目標を持ち、そこに対して今何をすればいいのか何をしておかなければならないのかを考え日々行動していました。


それこそ高校の3年間は息をつく暇もなく朝から晩まで授業中も含めて野球のことばかり考えていました。


もちろん自分を追い込む中で辛いという気持ちが生まれることもありましたが、目標を達成した際の姿を想像することでわくわくし自分を奮い立たせて頑張ることができました。


振り返るととても充実していたなと思います。


また、受験の際も志望校合格という達成したらめちゃくちゃ嬉しい目標を設定し、そこに向けて今何をすべきなのか逆算して日々勉強をしていました。


その時も日々自分の弱点を潰しながら目標に近づく感覚を味わうことができ
非常にいい経験だったなと思います。


ただ、それ以降の人生では特に目標を設定することなく、「楽しければいい」という心持ちで過ごしてきてしまいました。


その結果、就活の際も頭を抱えることもなく最初に内定が出た会社に早々に決め今を迎えています。


今の生活は、自分でもどこに向かっているか分からない迷子のような形になってしまっています。


自分で何をしたい、どこを目指したいというゴールが決まっていないため、仕事をしていてもやらされていると感じてしまい楽しむことができていません。

 

つまり、今のぼくには人生のゴール地点を設定する作業が必須で、そこを決めたうえで行動していかなければ何をしていても一生鬱屈とした気持ちで生きていくことになるんだろうなと思っています。

 

この一点に対し、死ぬほど頭を抱えて考えないと本当にまずいなと思います。

 

どこを目指すのか、どうなりたいのか、非常に難しい問いですしもっと早く考えるべきだったと思います。

 

今後の人生で一番若いのは今のぼくなので、ここから死ぬ気で考えていこうと思います。