サルキチのブログ

インフラエンジニアのサルキチです。ただいま絶賛転職活動中です。サラリーマン生活に関する日々の葛藤を綴っています。楽しい生き方を日々模索中。

イケメン商社マンと僕の苦悩。vol.4-商社マン流酒の飲み方-

スポンサーリンク

さあ、久しぶりにやって参りました。

「イケメン商社マンと僕の苦悩。vol.3」の続編です。

 

久しぶりのイケメン商社マンシリーズvol.4です。

 

イケメン商社マンシリーズが初めての方はぜひ毎日逆ナンされているイケメン商社マンと平凡な僕の苦悩。vol.1 - サルキチのブログから読んでみて下さい(^^)

 

世の中はお盆休み終盤戦といったところでしょうか。まだまだお盆が続いている方もいるかもしれませんね。

 

いろんな形でお盆休みを満喫されたかと思います。

 

そんな中ぼくは、久しぶりに地方から集まった大学時代の友人たちとの飲み会で日頃のストレスを発散して来ました。

 f:id:saru_kichi:20170815214835j:plain

 

やっぱりみんな大変そうでした

久しぶりにあったやつらが多かったのですが、皆それぞれが辛さを抱えながらサラリーマン生活を日々耐えているようでした。

 

外銀にいったやつもきつそう。

メーカーにいったやつもきつそう。

商社マンですらきつそう。

唯一リクルートマンだけものすごい楽しそうでした。

 

学生時代苦楽を共にした友が辛いサラリーマン生活に耐えながらも戦っている姿に勇気をもらいながらも「なんか歳とっちまったなあ」なんて気分になったりもして。

 

学生時代が楽しかっただけに、とっても懐かしくなるんですね、当時のことが。

 

もう戻れないですが、当時の楽しかった雰囲気を思い出させてくれるとても大事な友人たちだと再認識したお盆になりました。

 

イケメン商社マンの勢いに慄くぼくたち

昔話に花を咲かせながら飲んでいたその時。

 

イケメンの山田が突然「よし、今から女を呼ぼう。」と言い出しました。

 

さすがは商社マン。男だけの飲み会の盛り上げ方を熟知してらっしゃる。

 

なんと山田はものの10分で女性5人を招集してしまいました。

 

いくらイケメンとはいえここまでスゴイのか...

 

いくら商社マンとはいえこんなにモテていいのだろうか...

 

そんな疑問が頭をよぎりましたが、すぐにこの後始まる楽しい飲み会に思いを馳せぼくらはこぶしを突き上げながら円陣を組みました。

 

いつまでも忘れたくないバカになる瞬間

この日の飲み会はみんなで盛り上がり非常に楽しいものになりました。

 

サラリーマン戦士としてサラリーマンの戦闘服であるスーツに身を包み、日々

様々な仕事と戦っている ぼくたち。

 

つい責任やプレッシャーから小さく縮こまりがちですが、たまには大学生の頃のようにバカになってはしゃぐことも大事だなと思いました。

 

サラリーマン生活は決して楽ではありませんが、戦っているのは自分だけではないということがわかりましたし、会えば大学時代のように一緒にバカになれる友人もいます。

 

責任やプレッシャーに負けず、いつまでもバカになる瞬間も大事にしていきたいなと山田に思わされた、そんなお盆休みでした。

 

山田、みんな、ありがとう。

 

この記事を読んでくれたあなたも、山田のような友人がいれば大事にして下さい。

 

辛いサラリーマン生活を乗り切るには、イケメン商社マンの友人を作るのが1番の近道かもしれないですよ。