ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/悩める若手リーマンに送るキャリアと生き方。

今後のキャリアについて考える

スポンサーリンク

わたしは新卒入社して勤めた会社を3年で退社しました。

f:id:saru_kichi:20190626163524j:image

同時にエンジニアを辞めました。

 

一番の理由はエンジニアとしての勝ち筋が見えなかったため=入社後ずっと下図の③にいたためです。

f:id:saru_kichi:20190626161554j:image

これは「できること・できないこと」と「やりたいこと・やりたくないこと」の2軸で整理する図です。

 

わたしがいた③は「やりたくない・できないこと」でした。

 

入社当初から「やりたいこと」は特にありませんでしたので、「できる・できない」軸で自分のキャリアを構築していこうと考えていました。

 

そして、社会人になってからのキャッチアップで「できない→できる」にしていけばいいと思っていました。

 

せっかく「できない→できる」へ挑戦するなら成長産業が良かったので、なんの知識もありませんでしたがIT業界に参画しました。

 

3年間働いてITに関しての知識はついてきましたし、お客様との折衝やベンダー管理などのコツもつかんできていました。

 

一方、このまま同じ仕事でキャリアを積んでいく自分にワクワクできませんでした。

 

また、行っている業務の幅が広すぎて「できない→できる」の変換に難しさを感じていました。

 

そこで、さらに今の業務の中でも自分ができる点に絞って、そこを伸ばしていった方が良いと思うようになりました。

 

そう考え始めると、徐々に他の仕事も経験してみたいという気持ちが生まれてきました。

 

そこで、今後は「お客様との折衝やベンダー管理」などのできることを活かしてエンジニアとしてではなくコンサルとしてキャリアを積んでいこうと思っています。

 

上の図でいうところの③→②を目指してより範囲を絞って経験を積んでいきたいです。

 

様々なプロジェクトを経験していって、30代になったあたりで「やりたいこと」もしくは「この道で勝負したい」という分野を見つけそこに注力していくのが理想です。

 

まだまだ社会人歴4年目と歴が浅くわからないことだらけですが、前職で色々と悩んだおかげでエンジニアとしてのキャリア成長を自分が全く望んでいないことがわかりました。

 

極論何事もやってみなければわからないと思っていますので、辛い日々でしたが前職も良い経験となりました。

 

何事もやってみなければわかりませんが、がむしゃらに手をつけるのは時間の無駄になってしまいます。前職がまさにそうでした。

 

なので、今後は仮説を立てて挑戦していくことが重要だと思っています。

 

次の会社では、「顧客折衝やベンダー管理」の自分ができる経験を活かしつつ、ITの知識も引き続き吸収し、最終的にはDXやキャッシュレス、大枠でいうFinTechの部分など最前線の部分に関わっていきたいです。

 

前職の③からまずは②を目指す、そして30代の時に①を目指せれば最高だと思ってます。