ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/悩める若手リーマンに送るキャリアと生き方。

【社会人3年目 振り返り】遂に3年が終わる。

スポンサーリンク

遂に社会人3年目として出社する最終日を迎えました。

 

世間でよく言われる「石の上にも三年」や「嫌なことがあってもとりあえず三年は頑張ってみろ」の期間を終えました。

f:id:saru_kichi:20190624220128j:image

3年間を通じて、多少は成長できたかなと思う部分と、一度も楽しいと思える瞬間はなかったなという寂しさもあります。

 

1年目の頃は、いち早く成長したい自分とゆっくり育てていきたい会社の方針の狭間で苦しんでいました。なかなか仕事を与えてもらえず社内ニートのようになっていました。

 

2年目になってもその状況は変わらず。特に何をしたということも思い出せないほどで、基本的に定時退社していました。この時期に当ブログを開設し日々の思いを書き始めました。

 

3年目になると、社外コミュニティにジョインし、さまざまなイベントの企画運営に携わるようになりました。

 

仕事との両立は大変でしたが、チームで1つの方向を目指す楽しさを感じたのを今も覚えています。

 

仕事は徐々に残業が増えつつも楽しくないので、うまく定時退社してコミュニティ活動やプライベートに時間を割く生活を送っていました。

 

そのような形で、3年を終えました。

長いような、短いような。

 

苦しんだ3年間でしたが、振り返れば日々を充実させようと必死にもがいた3年間だったと感じます。

 

社会人4年目になるにあたり今後の進路について検討をしているので、それについては別記事で書いていきたいと思います。

 

人生まだまだこれから!