ロックン・ロール

SIer。キャリアと生き方。

真面目な話。

会社という組織のゆくえ。

元号が平成となり早30年が経ち、ついにその時代に幕を閉じようとしています。まだまだ大きく実感する機会はありませんが、社会情勢や景気の変動に伴い、働き方を取り巻く環境が少しずつ変動しようとしているのが今の時代でしょう。 高度経済成長期から現代に…

人生のゴール地点を決めるということ。

今回はぼくの悩みについてです。 あなたは自分の人生の目標を持っているでしょうか。 先日、友人と話していて、社会人になってからずっともやもやしていた理由が少しわかった気がします。 友人は「将来こうなりたいから、そのためには今これをして、来年はこ…

【早起きはするべき】1年半6時半出社を続け、半年間始業間際出社を続けた感想。

ぼくは社会人になってから1年半の間、毎日6時半に出社をしていました。 そしてその後半年間始業間際に出社していました。 その両方を体験したぼくが導き出した答えはずばり【早起きはするべき】です。 その理由を述べていきます。 当初は、家が遠くて満員電…

【社会人2年目 振り返り】社会人2年目最終日に社畜になりかけの男が1年を振り返る。

2018年3月30日金曜日。 遂に社会人2年目として出社する最終日を迎えました。 社会人になってからというもの、毎日のように悩みもがき苦しんできました。 そして、今も苦しみ続けています。 社会人2年目を一言で表すと【修行】の二文字がしっくりきます(笑) …

もう少し気楽に生きてみようと思う。

9/16〜18までの三連休が終わりました。 今回の3連休は箱根に足を運びましたが、台風の影響でずっと雨が降っていました。 そのため、旅館でゆっくりし、美味しいご飯を食べ、お風呂に入るという家でもできることを箱根でやるという贅沢をしにいった感じになり…

価値観の合う人といるのは楽しい。-大学生編-

前回、「価値観の合う人といるのは楽しい。-中学・高校編-」でぼくの中学時代、高校時代の友人関係について振り返ってみました。 参考:価値観の合う人といるのは楽しい。-中学・高校編- - サルキチのブログ 今回は、その続きである大学時代について振り返っ…

価値観の合う人といるのは楽しい。-中学・高校編-

価値観の合う人といるのは楽しいですね。 価値観の合う人は、自分のことを理解してくれてる感じがして一緒にいてとっても楽です。 束の間の休息である日曜日を中学時代の友人と過ごして「良い休日だったなあ」と強く感じたので 「価値観の合う人」について書…

やりたいことがあるのにやれないのは辛い。

やりたいことがあるのにやれないのは辛い。 今日はそんな体験をしたので、自分への戒めの意味も込めてまとめてみます。 誰にでも平等に与えられた1週間に一度の土曜日。 サラリーマン戦士にとっては厳しい平日を乗り越えてようやくたどり着いた休息の日です…

【非日常とは?】日常があるからこその非日常

最近はネガティブな気持ちになりがちで、自分の私生活を客観的に見れていませんでした。 ですが、「全てのことを前向きに捉えよう週間」で、何があってもポジティブに捉えるようにしてから、少し俯瞰して自分の事を見れるようになってきました。 参考:全ての…

全てのことを前向きに捉えよう週間

実は今週の月曜日から「ネガティブワード厳禁。全てのことを前向きに捉えよう週間」を開催していました。 というのも、先週末イケメン界でもトップレベルのイケメンである悪友山田に会った時に「お前は最近ネガティブな発言が多すぎる」と指摘され 「確かに…

週休3日にすれば多くのサラリーマンが幸せになれると思う。水土日が休みならさらに幸せになれると思う。

社会人になってからよく思うのが「毎週当たり前のように5連勤ってきついな」ということです。 大学時代のアルバイトでも、3連勤くらいだと「稼いでやるぞ」とかなり気合いが入るのですが、5連勤の時は「はあ、こっから5日間バイトかあ。5日間遊べないのはキ…

ブランド品はぼくの人生において全く必要ない。必要最低限のもので生きていく。

今日、香水の匂いが強すぎる同じ会社の30歳前半くらいのおじさんに出会いました。 その人は他の先輩に「お、この時計ハミルトンですか?」とか「君の時計はどこのブランド?」といった具合に人の時計に関心を抱き、誰がどのブランドの時計をつけているのか嗅…

理不尽は耐えるべきか。理不尽な上司をシカトできる人間になるべく。

理不尽は耐えるべきなのでしょうか。 なぜいきなりこんなことを言い出したかたというと、とあるサッカー漫画を読んでいてこんなページが出て来たからです。 「だが、私は理不尽を強います。」 ......この言葉のインパクトがすごすぎて、一日中「理不尽」につ…

【プレミアムフライデー】で浮き出たおやっさん世代との価値観の違い

2017年2月からプレミアムフライデーなるものが始まりました。 日本国政府および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。午後3時(15時)に仕事…

【サラリーマンの結婚リスク3選】人生において結婚という選択は必要なのか。

仕事について考えることが増えると、自然と結婚についても考えるようになってきます。 大学生までのぼくは、20代で結婚をしたいと思っていました。 両親が20代前半で結婚していて、なんだかんだとても幸せそうに見えたので、できれば早めに結婚したいなあと…

人生において最も重要なのは【わくわく感】である。

最近、人生において最も重要なのは【わくわく感】なんじゃないかと思っています。 そこで、今回はなぜ【わくわく感】が重要だと思うのか紹介していきます。 たとえば、小学校の時。 遠足の前日に遠足が楽しみすぎてなかなか寝つけなかった経験って1度はあり…

【感想)イケダハヤトさんの『武器としての書く技術』で、ブログを始める前の情報弱者なぼくが紹介されていました。

ブログの書き方を学ぶために、イケダハヤトさん著の『武器としての書く技術』を読んでみました。 驚いたことに、本著の中でブログを始める前のぼくのことが記載されていました。 全身にカミナリが落ちました。 ちょっと紹介してみます。 人間、社会を生きて…

月曜日の朝の鬱屈とした気持ちはどうにかならないだろうか。これもサラリーマンの宿命なのだろうか。

最近は月曜の朝になると「今日からまた1週間仕事かぁ。嫌だなぁ。気が重いなぁ。」という気持ちになる事が多いです。 そして火曜、水曜と仕事をこなしていくうちにだんだんと土日の休みが近づいてきて、そこを楽しみに平日を駆け抜ける。 サラリーマンになっ…

結果を出し続ける上司に社会人になってから学んだことを聞いてみました。

僕はサラリーマンになってから仕事にやりがいを見出せず悩んでいました。 若手サラリーマンにはよくある話かもしれませんが、仕事に行くのが楽しくもなければつまらなくもない。そんなモヤモヤした状況でした。 紛いなりにも1年強サラリーマンとして働いてき…

【経過報告】ブログを始めて半月が経ちました。気持ちの変化を綴ってみます。

ブログを始めて半月が経ちました。ブログを始めたいけど、どんな感じなんだろう?大変なんじゃない?という人のために、この半月を振り返ってみます。 【ブログを始めた目的】 僕がブログを始めた理由は、「サラリーマン以外の収入が欲しいから」これに尽き…

【2016年 社会人1年目】今の仕事に適性を感じない僕の振り返り。

【2016年 社会人1年目】は僕にとって非常に悩んだ年であり価値観が大きく変化した年になりました。 社会人になってから、節目や悩んだタイミングで日記をつけていたので、僕が社会人としてデビューを果たした【2016年】を振り返ってみます。 2016年4月 入社 …

満員電車で1日の体力を使っていた1年目。

今回は僕の嫌いなものについて紹介してみます。 僕が嫌いなもの。 それは「満員電車」です。 目次 耐えられなかった満員電車地獄 満員電車戦線から早々に逃げた僕 満員電車から逃げたら朝の素晴らしさに気づいた! 朝の時間は誰にも邪魔をされない 確実に上…

【睡眠で悩んでいる方へ】僕の睡眠に関する9つの習慣を紹介します。

睡眠に関する悩みってつきないですよね。何時間寝ればいいの?とか寝れないときはどうすればいいの?とか。 そんな睡眠で悩んでいる方の参考に少しでもなるようにぼくの睡眠の習慣を紹介していきます。 もちろん誰にでも当てはまるものではないと思いますが…

情弱から抜け出さないと。

もくじ 引くほど情弱だった大学時代の僕 相変わらず情弱な社会人1年目の僕 搾取される怖さに気づいた社会人2年目 変わる決意をした2年目の僕 今思い出しても悔やまれるのですが、 大学時代の僕はめちゃくちゃ情弱でした。 引くほど情弱だった大学時代の僕 大…

【社会人2年目】楽しくないサラリーマン生活に疑問を抱き始める。辞めるべきか、耐えるべきか。

最近サラリーマンという働き方に疑問を持ち始めてきました。 どのように働き、生きていくべきなのか、毎日毎日悩んでいます。 社会に出てまだ1年と3ヶ月程。 まだまだペーペーですが、ぺーぺーなりの悩みを紹介してみます。 なんでインフラエンジニアになっ…