サルキチのブログ

2年目ITエンジニア。人生について徒然と。

結果を出し続ける上司に社会人になってから学んだことを聞いてみました。

僕はサラリーマンになってから仕事にやりがいを見出せず悩んでいました。

 

若手サラリーマンにはよくある話かもしれませんが、仕事に行くのが楽しくもなければつまらなくもない。そんなモヤモヤした状況でした。

 f:id:saru_kichi:20170815170756j:plain

紛いなりにも1年強サラリーマンとして働いてきていたので「サラリーマンとして働いてみて学んだことってなんだろう。」と考えた時期がありました。

 

その時に書き出していたのがこちらです。

------------------------------------------------

サラリーマン生活で得たもの/身につけたもの。

・一つの物事を長期間で見る力

・メールの定型文含む社会人マナー

・自分と向き合う習慣

------------------------------------------------

圧倒的に少ない...

頭を振り絞ってやっと出てきたのが上の3つでした。

 

こんなの社会人じゃなくても一瞬で身につけられるものだし、「1年間働いて身についたことってこれだけなのか」と愕然としました。

 

「このままだと何もできないとんでもない人間になってしまうのではないか。下手したらサラリーマンとしての価値観が凝り固まっていき、老害のような人間になってしまうのではないか。」

 

と危機感を募らせた僕は、思いきって当時の20歳程年上の楽しそうに仕事をしている上に結果も出し続けている上司に時間を頂き「社会人になって学んだことはなんですか?」と聞いてみることにしました。

 

『上司が社会人になって学んだこと』

簡単にまとめると

1〜3年目 とにかくがむしゃらに働いた。

4〜6年目 とにかく技術を磨いた。

7〜9年目 SEとしての仕事の仕方を学んだ。

ということでした。

 

僕は「仕事の仕方を学ぶまでに6年もかかるのか..」と少しげんなりしました。話を聞いていると、若いうちに修行をしてようやく芽が出るんだといった感じでした。

 

まあわからなくはないですが、修行だとしても「楽しくやりたいな」なんて思ったり思わなかったり。

 

(楽しいハードワークは割と好きなので。辛いハードワークは絶対ダメです。)

 

さらに

「仕事をゲームとして捉え、いかにお客様の信頼を勝ち取るかが大事だ」

 

 

「ビジネスの根源は人の役に立つことだ」

 

といった貴重なお話も伺いました。

 

これらの考え方はスゴイなあと素直に思いました。

 

ただ、現状与えられた仕事をこなすだけの僕に、仕事にゲーム性を見出すのは難しそうだなと思ってしまいました。

 

また最後には、

「会社の中で1番とかではなくて、市場の中で1番になることを目指してきた。」

 

というお話も頂戴しました。(学んだことという観点からはだいぶずれましたが、、)

 

いつも大変そうな仕事を楽しそうにこなしててすごいなあくらいにしか思っていなかったのですが、熱い気持ちを持って働いていたみたいです。

 

色々と話を聞いてみて上司のサラリーマン生活が楽しそうに見えるのは「熱い気持ちを持って物事に取り組んでいる人は輝いて見える」からなのかなあと思いました。

 

おそらく社会人になりたての頃にこの話を聞いてたら「先輩かっこいい..僕もバリバリ働いて市場で1番になってやる!!」くらいに思ってたかもしれません。

 

ただ、今の僕はすでに会社で出世したいという気持ちはなくなっています。

 

会社からぶらさげられた「出世」や「昇給」といったニンジン(ご褒美)めがけてがむしゃらに頑張ることは、何も考えずに楽な道を選んでいるだけのような感じがしています

 

そして今の時代はたとえがむしゃらに会社のために頑張っても、それに対する見返りもどんどん少なくなっている気がします。

 

なんにせよ、働くことについて考えるのは難しいです。まだまだ自分なりの答えが見つかるまで時間がかかりそうです。これからも色々と悩んでいこうと思います。

 

悩んでいる若手サラリーマンのみなさま、一緒に死ぬほど悩んでそれぞれの答えを見つけられるように頑張っていきましょう。

【経過報告】ブログを始めて半月が経ちました。気持ちの変化を綴ってみます。

ブログを始めて半月が経ちました。ブログを始めたいけど、どんな感じなんだろう?大変なんじゃない?という人のために、この半月を振り返ってみます。

 f:id:saru_kichi:20170815171931j:plain

【ブログを始めた目的】

僕がブログを始めた理由は、「サラリーマン以外の収入が欲しいから」これに尽きます。

 

最近の僕はサラリーマンという働き方に疑問を抱きながらも、日に日に会社に染まっていく自分に危機感を募らせていました。

 

やりたくもない仕事を馬車馬のようにできるほど僕は人間できていませんでした。

 

「サラリーマン辞めたいな...」

 

そう思った僕は転職や、フリーランス、副業などについて調べていました。

 

例えば転職に関しては、リクナビやキャリトレ、Switchなどの転職アプリに登録しました。スカウト型の転職アプリだと、自分の経歴や希望を記載し、それを見た色んな会社からスカウトが山のように来ます。

 

でも色んな求人を見てて気づきました。

 

「求人見ても何にもわかんないや。」

 

正直に申し上げて、僕は自分で何を仕事にしたいのかわかっていません。そんな状態で求人を見ても何も心に響きません。気づけば転職アプリを開くことさえなくなっていました。

 

「どうやら今の僕に転職は無理そうだぞ」と気づけたのでとりあえず転職アプリに登録するという行動に移してよかったです。

 

次にフリーランスについて調べてみました。

エンジニアだと、企業に属さない「フリーランスエンジニア」というものがあるようです。プロジェクト毎に案件に入っていき、プロジェクト完遂とともに報酬が発生するイメージみたいですね。

 

「技術力があれば月収50万は余裕です♪」みたいなネット記事をよく見かけましたが、経験値の少ない2年目エンジニアの僕にはまだ早いんじゃないかと感じました。

 

あと、税金系とか今は会社がやってくれているものを、フリーになると自分でやらないといけなくなるのでそれはめんどくさいなとも思いました。

 

最後に副業に関して。

これはよくわからないっていうのが正直なところでした。ネットビジネスとかよく聞くけどなんなのそれ?

 

え、ブログで稼げるの?なんで?

って感じでした。

 

わからないながらも調べていってみると、ブログに貼った広告やアフィリエイトから収入が発生するとのこと。ブログを書いて生活している「プロブロガー」という人が存在していることも初めて知りました。

 

この時「プロブロガーとかは絶対無理だけど、ブログを書くくらいなら僕にもできそうだぞ。」と思いました。

 
なので僕は「まずはブログを書いてみよう!その後のことはやってみてから考えよう!」と決意しました。

 

【ブログを始めて変わった生活】

ブログを始めてから生活や心の持ちようが変わりました。

 

仕事以外の時間はブログのことを考えるようになりました。

 

朝起きてから仕事の始業時間までは「今日は何についての記事を書こうかなあ」と考え、昼ごはんやスキマ時間は価値観の似ている人のブログを読んで勉強し、家に帰るとブログを書くという生活を送っています。

 

ブログを始める前は、スキマ時間はボーッとケータイをいじったりしてましたし、家に帰ってからはずっとYouTubeを見たりしてたので、僕の生活はこの半月で大きく変わりました。

 

また、常に何かブログに書けるネタはないかなとアンテナを張るようになったのも大きな変化です。

 

毎日ブログを更新していると「今日は書くこと思いつかないな」と思う時もあるのですが、常に何かブログに書けることはないかと考えながら

 

生活することで今までとは違う観点で物事を見れるようになり、世界の見え方が大きく変わりました。

 

【大変だけど楽しい】

正直言って、毎日働きながらブログを書くのは結構大変です。1日会社で消耗して帰宅するわけですからね。。ブログを始めて1ヶ月以上続けられる人は1割しかいないと聞きましたが、その気持ちもよくわかります。

 

ですが、自分の経験したことや考え方を毎日ブログでアウトプットしていると、自分の中でもモヤモヤしていたものがくっきりしていく感覚があるんですね。

 

「あ、僕ってこんなこと考えてたんだ。」って思うこともよくあります。

 

そうやって少しずつ自分の価値観が明確になっていく過程が今は楽しいです。

 

なので「ブログ始めたいけど大変なんでしょ?」に対する僕の答えは「大変だけど楽しいですよ」になります。

 

【ブログへの考え方の変化】

最初も申し上げた通り、ブログを始めた理由は「サラリーマン以外の収入が欲しいから」です。

 

ただ、今はそれと同じくらい【同じ価値観の人と繋がれる】ことに楽しさを感じています。

 

ブログを読んでくれた人がスターをくれたりブックマークしたりしてくれるとすごい嬉しいです。

 

それと同じくらい同じ価値観の人のブログを見つけられた時もスゴい嬉しいです。「言いたいことがスゴいわかる!!」と1人で感動しています。

 

これらは今までには味わったことのない感情でした。

 

実際に会ったことのない人と共鳴し繋がれる。そんなところにブログの魅力を感じています。

 

【まとめ】

ブログを半月やってみて、とりあえず始めてみてよかったなと思っています。

 

「ブログで稼ぎたい」という気持ちから始めたブログですが

 

今は

 

【ブログを通じて色んな人と交流したい】という気持ちが強いです。

 

半月でこれだけ考え方に変化があるってことは、また半月経ったら違う考え方に出会えるのかなー。楽しみです。

 

あ、また楽しみひとつ増えました。ラッキーー。

【2016年 社会人1年目】今の仕事に適性を感じない僕の振り返り。

【2016年 社会人1年目】は僕にとって非常に悩んだ年であり価値観が大きく変化した年になりました。

 

社会人になってから、節目や悩んだタイミングで日記をつけていたので、僕が社会人としてデビューを果たした【2016年】を振り返ってみます。

 f:id:saru_kichi:20170815172156j:plain

2016年4月 入社

生活に慣れるので精一杯。

朝起きれるかが不安。

 

キャリアビジョンを描く研修で、結婚や子どもができるというイベント後は自分だけに使える時間は減っていくことに気づき、自分に100%投資できる若いうちに色々と挑戦しないと!という気持ちになる。

 

(今思うと「朝起きれるか不安」とかとってもかわいい悩みですね。当時は本当に不安だったんですけどね。

 

その時はすごく悩んでいることでも、時間が経てばなんであんなに悩んでたんだろうって思うこと、ありますよね。

 

だから僕は、悩んでることがあっても「どうせ後から振り返ればたいしたことなかったってなるんだろうなあ」と思うようになりました。)

 

2016年5月

GWが明けてからちょっときつい。

GWで生活が学生に戻ったから?

慣れにより生活に余裕が出てきて、精神的に緩みが出てきた。

座学研修の毎日に飽きてきた。

先が見えない。

 

これから40年この生活を続けるの...?

 

【今までの人生】

やりたい時にやりたいことをやる。自分で納得のいく楽しい人生。

【今】

縛られた生活。辞めたい時に辞められない。それこそ子どもなんてできたら仕事の辞めようがない。

 

→無理して早く結婚する必要はないかもしれないと思い始める。

 

(今思うと、20代で結婚したいと思っていた価値観が変わった瞬間でした。。)

 

2016年6月

配属された。

業務内容だけじゃなくて、世代の違う先輩方との人間関係も日々勉強しないと。

早く一人前になりたいとヤル気を取り戻す。

 

(やる気がある時はだいたい心も充足してるので、僕の中ではやる気がある時は良い状態です。)

 

2016年7月

色んな先輩に同行させてもらって日々勉強。毎日やることあるから学生の時より楽しいかも?

 

 (学生時代は昼ごろ起きて、適当に講義出て、バイトして、朝まで飲んでという生活をしていたので、

 

そのギャップから「健康的な生活ができている」という自分への喜びがあったように思います。)

 

2016年8〜9月

やばい仕事がない。暇だ。やることないの辛い。

 

(この時の僕は時間を忘れるくらい仕事に熱中して達成感を得たいという価値観だったので暇なのは本当に辛かったです。)

 

2016年10月

仕事が無くて辛いことを上司に相談。いきなり大型案件に入れてもらえることに。この案件で結果出して信頼勝ち取ってどんどん成長してやる。

 

 (まだ仕事に熱中や成長を求めていた時期ですね。頑張りましたが結局仕事は増えませんでした。

 

もしここで仕事が増えていたら完全に社畜になっていました。きっとそれはそれでこの時は仕事を渇望してたから楽しかったとは思いますけどね。)

 

2016年11月

大型案件、頑張ってるけどあまり楽しくない。(主に議事録作成を担当)

--------------------------------------------------------

もっと人生楽しくするには?

もっと成長するには?

今のままでいいの?

この会社でいいの?

もっと熱中できることあるんじゃない?

今感じてる物足りなさは何?

数字に追われたりすれば変わるの?

何してる時楽しいの?

楽しいって相対的なものなの?

もはや仕事はなんでもいいの?

--------------------------------------------------------

...などなど思いの丈を書き出してました。

 

この悩みMAXの時にたまたま『20代の勉強力で人生の伸び代は決まる』という本をを読みました。

 

その中に「1日1冊本を読め」って書いてあったので、単純な僕は1日1冊を目標に本を読みだすも、1週間で挫折しました。

 

(ただ、この試みをきっかけに少しづつ自分のペースで本を読むようになり、ちょっとずつ色んな考え方に触れることになっていきます。)

 

2016年12月

ネットで社会人1年目について調べまくる。

ネットによると

「社会人1年目は全ての仕事が突発的に発生しているように見える」

 

「暇だなという日もあれば次の日にものすごい業務量が降ってきたり...」

 

「ペース配分ができない」

 

などなど激しく首を縦に振り続ける内容がひしめいていました。

 

2016年 統括

2016年は「大学生まで楽しかったのに、まさか社会人になった途端こんなつまらない人生になるとは」と悶々とする日々を過ごしていました。

 

 

少しずつ自分のペースで読書を続けながらインプットとアウトプットを繰り返し、自分にとって楽しい生き方を模索していた感じですね。

 

基本的に楽しかったことは日記に書いていないのでどうしても悩みの方にフォーカスしがちっていうのはありますが、

 

全くもって人生を心から楽しめてない、でも楽しくしたい!と心の充足を求めた年だったように思います。

 

また、この1年で大きく価値観も変わりました。

 

2016年の僕は「最速で出世してやる」なんて思ってました。

 

ただ、1年サラリーマンとして働いてみてそんな価値観は吹き飛びました。

 

今では「仕事なんてただの暇つぶしだよな~」くらいにしか思っていません。

 

仕事で結果だしてる先輩を見て、すごいとは思うけど自分もそうなりたいとは到底思えません。

 

毎日遅くまで残業して家に仕事持ち帰って土日も休まず働いて出世した先に何が待っているのでしょう?死ぬときに何が残るのでしょう?

 

多分僕の価値観はサラリーマンには向いてません。かといって別にフリーランスになりたいわけでもありません。

 

でも生きていく上でお金は必要です。

さて、2017年の僕はどうするのでしょう。 自分でもどうなるかわかりません。

 

楽しければいいです。辛いのは嫌です。

 

2017年が終わるころにこの価値観がどう変化しているか楽しみです。

 

あ、楽しみひとつ増えました、ラッキーー。

 

 

【電子書籍kobo glo】機械音痴なぼくが使ってみた感想。

機械がスゴイ苦手な僕ですが、2017年5月に一念発起し、社会人としてのステータスを上げるべく電子書籍kobo gloを購入してみました。

f:id:saru_kichi:20170815171047j:plain

セットアップも楽天IDを持っていたので簡単にできました。

※楽天IDをお持ちでない場合でも、登録はすぐにできるのでそんなに難しくないです。

 

【購入を決めた理由】

GWに、福岡で仕事をしている友人が地元に帰ってきていました。お互いの社会人になってからの苦労話に華を咲かせていると、突然彼のカバンから「kindle」なるものが出てきました。

 

僕「何それ?」

友人「kindleっていう電子書籍だぜ☆」

 

っていう感じで、初めて生の電子書籍を見ました。

 

ずっと気になってはいたのですが、使い方もよくわからないし、別に紙で読めばいいだろうとずっと自分に言い聞かせていたのですが、

 

この時は友人に先を越された感じがして「負けていられない」と謎の負けず嫌いを発揮し、即電子書籍購入を決意しました。

 

あと、「友人が使いこなせてるなら僕も使いこなせるだろう」という気持ちも購入の背中を押してくれました。

 

買うと決めたらまず調査。

電子書籍にも色々な種類があることがわかりました。

 

その中でも有名なのが

Amazonの「kindle」と楽天の「kobo」みたいです。

 

「kobo」なんてこの時に初めて知りました。我ながら情弱です。

 

世間一般では「kindle」の方が有名だと思いますが、僕は楽天ユーザーでポイントなども全て楽天に集約するようにしているので、

 

電子書籍を購入する度にポイントが増えていくことに魅力を感じ、楽天の「kobo」を買うことにしました。

 

そして、その「kobo」の中でも「kobo glo」と「kobo aura」なるものがあり、「kobo glo」は通常の電子書籍リーダーで「kobo aura」は防水機能がついたものだということがわかりました。

 

価格は楽天で調べるとピンキリなのですが、だいたい「kobo glo」も「kobo aura」も2万円強です。(「kobo aura」はサイズでさらに2つに分かれ、その分値段も若干変わるようです。)

 

僕はお風呂で読書をする機会はなかったので、まずは実験的に「kobo glo」を購入することにしました。

Kobo Kobo Glo HD Black ブラック N437-KJ-BK-S-EP

価格:21,060円
(2017/8/17 21:14時点)
感想(0件)

電子書籍リーダーKobo Aura H2Oスリープカバーセット(ブラック)

価格:22,000円
(2017/8/17 21:11時点)
感想(13件)

***実際に使ってみて感じるメリット***

目に優しい

電子書籍なのに、紙で読んでる感じと全然変わりません。周囲の友人も、全然紙と変わらないじゃん!というリアクションでした。

 

暗いところでもバックライトがあるのでサクサク読めます。寝る前とかも部屋の電気を消してから読めるのがいいですね。

軽い

何冊も同時に読む場合でもkobo 1つ持ち歩いていればオッケーなのですごい楽です。

 

購入当初は嬉しさから4冊を同時に読み進めていました。(紙の本を4冊持ち歩くとなると大変ですよね...)

隙間時間ですぐ読める

これも非常に大きいです。今まで電車の移動やちょっと空いた時間はスマホのゲームやSNSをボーッと見てるだけでしたが、

 

電子書籍があれば5分でもかなり読み進められます。また、電車の中でも片手で読めるので満員電車でも読み進められます。

電池の持ちがすごい

電子書籍を買ってから2ヶ月が経ちますが、未だに充電は2回しかしてないです。

 

iPhoneと比べるととにかく電池の持ちがスゴイです。ずっとカバンに入れっぱなしでいいのでとっても楽ですね。

その場で買ってその場で読める

電子書籍を持っていれば、わざわざ本屋に行く必要がありません。気になった本を検索し、気に入れば購入するだけ。

 

ネット環境さえあればその場ですぐに同期して読み始められるので、気持ちが熱いうちに読み始めることができます。

 

***実際に使ってみて感じるデメリット***

読み終わった本を売れない

僕は最近は読み終わった紙の本を「ブクマ!」で売っているのですが、電子書籍だと読み終わっても売れない点が残念だなと感じています。

見直したいページにすぐいけない

紙の本のようにペラペラページをめくれないので、見直したい時は少し不便を感じます。ただ、心に余裕を持って見直せばそこまでは気になりません。

反応が遅い

慣れれば気になりませんが、iPhoneなどと比べるとタッチしてから反応するまでに若干のタイムラグがあります。最初は戸惑いますが、慣れれば全く問題ありません。

電子版が無い本もある

この本読んでみたいと思っても、電子版としては販売されていない本もあります。

 

だいたい僕が読みたいと思ったビジネス本や自己啓発の本は電子版がありましたが、ブログの書き方系の本は電子版がないものもありました。

 

その場合は諦めるかどうしても読みたければ紙の本を買っています。

 

 ***まとめ***

電子書籍を購入してみて生活自体がだいぶ変わりました。

本を読む時間や量が圧倒的に増えました。

 

 電子書籍を買えばQOLが上がること間違いなし!だと思います。

 

見た目もかっこ良いし持ってるだけでワンランク上の男になれます。(多分)

 

ということで、気になっている人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【2017年7月版】【初心者向け】はてなブログ(無料)からはてなブログ(無料)への移行のやり方

僕はつい先日、ブログ開始1週間程ではてなブログ(無料)からはてなブログ(無料)への移行をしました。

1週間で移行した理由は、はてなIDを変えたかったからです。

(はてなIDとは、はてなブログを登録する際に決めたIDのことです。僕の場合ならsaru_kichiがはてなIDです。)

このはてなIDは、最初に一度決めると変更できないものなんです。

もちろんそのことは最初から注意喚起されておりQ&Aにも記載されています。

Q はてなIDの変更はできますか?

A いったん登録されたはてなIDは変更することができません。退会してから再登録をお願いします。なお退会されますと二度と同じはてなIDはご利用いただけませんので、十分お気をつけください。ご不明な点がございます場合には、退会される前にはてなまでお問い合わせください。

引用:お問合せ - はてな

 

なので、もし適当に変なIDにしてしまうと記事を重ねるごとに後悔することに...

僕も思っていたよりブログが続いたので、ちゃんとしたはてなIDにしておけばよかったと後悔し、はてなブログを移行することで実質的にはてなIDを変更することにしました。(アクセス数が0に戻ったり、画像の移行はできなかったりするので、ブログを始めて時間が経つ方にはお勧めできないやり方ですが、ブログを始めてすぐの人であれば応急処置的な対応ではありますが大きな問題はないでしょう。一番いいのは最初から納得のいくはてなIDで登録することですね。。

 

ということで、備忘録の意味も込め、はてなぶろぐ(無料)からはてなブログ(無料)への移行方法をできるだけわかりやすく画像付きでまとめておきます。

目次

新しいブログの作成

新しいブログを作成しておきましょう。作成方法は最初にはてなブログを作成したやり方と同じです。考え抜いたはてなIDで登録することだけ忘れないようにしましょう。

データのエクスポート(バックアップ)

それでは早速データのエクスポート方法を紹介します。

 

 1.移行するデータを保存するフォルダ(任意の名前)を任意の場所に作成する。

※どこに保存すればいいのかよくわからないという人は下の図のように、デスクトップに「移行データ」というフォルダを作成しましょう。

f:id:saru_kichi:20170731211229p:plain

2.はてなブログの管理画面にログインしましょう。

ログイン出来たら左側の「設定」をクリックして下さい。そうすると設定のページが表示されるので、真ん中の「詳細設定」をクリックして下さい。 

f:id:saru_kichi:20170731211301p:plain

 3.詳細設定をクリックしたら、画面の下の方までスクロールして下さい。

「エクスポート」という表示が出てきたら、「記事のバックアップと製本サービス」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731211353p:plain

4.下の図が表示されます。真ん中の「〇〇〇のブログをエクスポートする」をクリックして下さい。

※〇〇〇の部分は自分のブログの表示名が表示されます。

f:id:saru_kichi:20170731211452p:plain

5.続いて下の図が表示されます。真ん中の「ダウンロードする」を

クリックして下さい。 

f:id:saru_kichi:20170731211554p:plain

6.画面の下の方に下の図が表示されます。「保存」の右側の「▼」ボタンをクリックし、表示される「名前をつけて保存(A)」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731211632p:plain

7.手順1で作成した任意のフォルダ(移行データ)にデータを保存します。保存するフォルダに「移行データ」を選択し、 右下の「保存(S)」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731211743p:plain

8.下の図が出てきたら「フォルダーを開く(P)」をクリックし、データが保存できているか確認しましょう。 

f:id:saru_kichi:20170731211811p:plain

9.「〇〇〇.export.txt」と表示されたファイルがあればオッケーです!

これでデータのエクスポート(バックアップ)は完了です。 

f:id:saru_kichi:20170731211848p:plain

以上が、データのエクスポートの手順です。常にデータのバックアップを取っておきたい人も同様の手順でオッケーです! 

データのインポート

次にエクスポートしたデータを新しいブログにインポートしていきます。

 

10.はてなブログの管理画面を開きます。左側の「インポート」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731211920p:plain

11.下の図が表示されます。真ん中の「参照」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731211954p:plain

12. 手順7でエクスポートした「〇〇〇.export.txt」をクリックし、下の「開く(O)」をクリックして下さい。

f:id:saru_kichi:20170731212012p:plain

 13.真ん中の赤枠の中に自分が選択したフォルダが表示されていることを確認し、右側の「文字コード選択へ進む」をクリックして下さい。

※デスクトップに「移行データ」フォルダを作成した人は下の図のように

「C:\Users\パソコンのユーザー名\Desktop\」と真ん中に表示されていればおそらく問題ありません。

f:id:saru_kichi:20170731212032p:plain

14.あとは画面の指示通り進みましょう。

※これ以上進んでしまうと僕のデータが上書きされてしまう可能性があるのでここまでで画面キャプチャは終了しています。

たしかこの後はすぐ終わったはずですが、わからない点があればお気軽にコメント欄で質問して下さい。

15.無事移行が完了したことを確認できたら、念のため古いブログは退会しておきましょう。

※古いブログも残しておきたい人は退会する必要はありません。

参考:登録情報変更、退会について - お問い合わせ - はてな

まとめ

ここまではてなブログ(無料)からはてなブログ(無料)の移行の仕方をご紹介しました。

 

基本の流れは「新しいブログを作る」→「既存のブログのデータをエクスポートする。」→「エクスポートしたデータを新しいブログにインポートする」です。

 

「はてなIDをちゃんと決めればよかった...」と悩んでいるブログ初心者の同志はぜひ参考にしてみて下さい。

【IT業界】インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに求められるスキルって何?と気になっている就活生の皆さま。僕も就活期にはインフラエンジニアがどういった仕事をしているのか、どういうスキルが必要なのか全くわかっていませんでした。そこで今回はそんな昔の僕のような方々のために、若手エンジニア目線で「インフラエンジニアに必要なスキル」を紹介していきます。ぜひ就活に役立てて下さい。

f:id:saru_kichi:20170815172451j:plain

目次

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアは、サーバーやネットワーク、ソフトウェアなどと深く関わるため、求められるスキルの幅が非常に幅広いことが特徴です。さらに、情報ネットワークの基盤を支えることが使命であるため、高水準のスキルが求められます。つまり、幅広く高水準なスキルが求められるのです。(なかなか厳しい世界ですね...)

 

そもそもインフラとは、水道・電気・ガスなどの生活に欠かせないもののことを指します。IT業界におけるインフラもこれと同義であり、普段人々が何も意識せず使うインターネットやそれに付随するサービスを整備するのがインフラエンジニアなのです。皆さんも普段インターネットを使っていて、少しでも接続が遅かったり、接続できなかったりするとイライラしたりしませんか?インフラエンジニアはこのような状況を作らないよう日々インフラを整備しているのです。特に、企業でインターネットが止まってしまったら、数分の停止でもとんでもない損害額になってしまいます。

 

こういったことからインフラエンジニアは「縁の下の力持ち」と呼ばれることも多いです。普段は表立つことなく粛々とインフラ整備に努め、トラブル時などに最大の馬力を発揮し対応していく。こんなイメージがわかりやすいでしょう。ここでいう「縁の下の力持ち」はただ「人を支えるのが好き」というレベルに留まらず「いざという時はいつでも頼って下さいね。僕がなんとかしますから。」という心持ちが求められるレベルの話です。

 

では、そんなインフラエンジニアに求められる具体的なスキルはなんなのでしょうか。

 1.コミュニケーションスキル

インフラエンジニアはクライアントの担当者や多部署との関わりが多いです。自分だけで仕事を完結できるという場面はほとんどありません。そのため、円滑に折衝や連携などを取れるコミュニケーションスキルが必須となります。

2.トラブル対応力、問題解決能力

インフラを構築したり整備(保守)したりし始めるとわかりますが、サーバーやネットワーク関連のトラブルが非常に多いです。こういったトラブルが起きるたびに、原因を切り分け問題解決に向かわなければなりません。なので、トラブル対応力、問題解決能力も必須のスキルです。この力は、常に何か起きたときに原因を切り分けていけば自然と身に付きます。理系の学生は既に高いスキルを持っている学生も多い印象です。

(トラブルの解決は大変ではありますが、エンジニアとしては成長のチャンスでもあります。特に新人エンジニアはトラブルから学ぶことも多いので、トラブルに尻込みせず立ち向かう勇気が必要ですね。)

3.ドキュメント作成スキル

インフラエンジニアとして働くと、設計書や仕様書、手順書など様々なドキュメントを素早くわかりやすく作成する必要があります。このドキュメントがわかりやすければわかりやすいほど、クライアントの担当者や周囲のエンジニアからの信頼を勝ち取ることができます。ここでのポイントは、自分がわかるというだけではダメだということです。誰が見てもわかりやすい、相手目線のドキュメントを作成するスキルが求められます。

 4.学習スキル

IT業界は移り変わりの激しい世界です。1つのスキルを身につけたからといってあぐらをかいているとすぐに時代についていけなくなります。まずは、基本的なOS(Windows、Linux)やセキュリティ関連、ネットワークに関する知識を学習し身につけましょう。こういった基礎知識に加え、常に最新技術にも目を向ける必要があります。今であれば、仮想化技術やクラウド技術、SDNやAI、IoT、VRなど様々な新しい技術が日々進歩しています。こういった技術は日々進歩しているので、常に勉強する姿勢、常に時代を感じとる嗅覚も必要ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介したインフラエンジニアに必要な4つのスキルを見て「自分には無理かも...」と思った方もいるかもしれません。ただ1つ言えることは、学習意欲や向上心があればスキルは勝手に後からついてくるということです。

就活期には完全なる無知だった僕も、なんとかエンジニアとして働けています。皆さんも時代の流れを感じ取りながら自分なりのやり方で一歩ずつ進んでいきましょう。

 

 

 

【出る杭は打たれる】サザエさんに見る成功の法則。

本日は日曜日です。帰宅するとたまたまサザエさんがやっていました。

 

つい最近まで同年代だったカツオがいつの間にか一回り下の子どもになっていました。

 

時の流れは恐ろしいです。

そして、そろそろ僕もサザエさんと同じくらいの年なのかな?

と思い調べてみるとまさにドンピシャ。サザエさんは24歳でした。

 

そこに関しては妥当な感じがしましたが、ノリスケおじさんが25歳だということには驚きました。

おじさんって呼ばれてるから勝手に30代だと思っていたので...

 

ちなみにマスオさんの同僚のアナゴさんは27歳らしいです。

人を見かけで判断してはいけないという好例ですね。(どうみても27歳には見えないのですが...)

 

参考までに。

磯野波平  :54歳 
磯野フネ  :52歳
磯野カツオ :11歳
磯野ワカメ :9歳 
フグ田サザエ:24歳
フグ田マスオ:28歳
フグ田タラオ:3歳
波野ノリスケ:25歳

 引用:jamilog

 

波平が45歳、フネさんが43歳の時にワカメを産んでるんですね。

すごいです。夫婦円満!


とまあ、サザエさんの年齢は割とどうでもいいんですけど、久々にサザエさんを見て、

 

あぁ、明日からまた仕事か。。また仕事して終わる1週間が始まるんだ。。」という気持ちになりました。

 

現代社会におけるサザエさんとは、まさに休日の終焉を告げる鐘。

 

地獄へ誘うデストラーデ。

 

巷では

サザエさん症候群。」

なんて呼ばれたりしてるみたいですね。

 

サザエさん症候群サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日からまた通学仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である

引用:Wikipedia

 

サザエさんを見て、体調不良や倦怠感を訴える..そこまでいくとだいぶ重症だとは思いますが、気持ちは分かります。

 

僕も今思ってることは「明日仕事行きたくないなあ。ですから。

 

でもこれってサザエさんからしたらとんだとばっちりですよね?

 

日曜日の18時半から放送してるってだけでこんなこと言われる筋合いないですもんね。日曜日の18時半から放送してる番組なんて他にもたくさんありますもの。

 

これは、現代社会における「出る杭は打たれる」に通ずる部分があると僕は感じています。

 

サザエさんは目立ち過ぎたのです。「日曜日の夜」といえば「サザエさん」ということが国民の共通認識となってしまったことで、

 

出る杭となり周りから妬みや嫉みを持たれ足を引っ張られている状態ですね。まさに会社で仕事ができる人が足を引っ張られてるのと同じ状態なわけです。

 

ただ、「サザエさん」はそんなことを気にすることもなく、毎週毎週何を言われても放送を続け、放送話数でギネス記録にも認定されています。

 

なんて強靭なメンタルなのでしょう。まさに神。ゴッド。周囲から足を引っ張られても、信念を持って走り続ければ必ず努力は報われるということを行動で示した訳ですね。

 

「サザエさん」は1969年から放送されているので、2019年には50周年を迎えます。そんな長い期間信念を持ちながら走り続ける。

 

僕にもそんなことができるのでしょうか。。まさに「サザエさん」は「継続する」ことの重要性を伝え続け、成功するための方法を具現化した番組だなと痛感しました。

 

まさか久々に見たサザエさんから人生の成功法則を教えられるとは思っていませんでした。

 

サザエさんを見たそれぞれの年代がそれぞれの楽しみ方をできるのもサザエさんの魅力なのかもしれませんね。

 

ただ、やっぱり今の僕はサザエさんを見ると「明日から会社かあ」と現実を突きつけられる感じがします。なので、次からは録画して金曜日に見ます。これで問題解決ですね。それではおやすみなさい。