ロックン・ロール

SIer。キャリアと生き方。

上司に恵まれた人は本当に羨ましい。

今日は上司のお話。

 

サラリーマンとして働いていると避けられないのが上司との関わり。多かれ少なかれ上司との関わりがある人は多いと思います。

 

入社したての頃は右も左もわからないのでとりあえず上司の言うことに耳を傾けていましたが、年次が増えてくるとともに上司の言っていることに納得できないことが増えてきました。

 

そもそも、入社する前は自分の中で理想の上司像があって、そんな理想のイケてる上司と働くことを夢見ていました。

 

ただ、実際に働いてみると「カッコイイ」とか「この人みたいになりたい」みたいな憧れは生まれることはありませんでした。

 

別に愚痴を言いたいわけではなく、そういう人が多い環境だと自分も将来そうなってしまうのではないかという危惧があります。

 

話を本筋に戻すと、最近上司から「積極性が足りない、自分から手を上げて仕事を取りに行くように」と言われることが増えました。

 

こう言われるのは当然で、そもそも今は仕事<プライベートの考え方で生きてるので、積極的に手なんて上げたら仕事が増えて定時で帰れなくなる。

 

そのため、全くもって積極性を出さず与えられた仕事のみを適宜こなしていくスタイルでやっているので、もちろん周りから見ても積極性がなく見えるのは当然だと思います。

 

そもそも、ただ「積極的に仕事をしろ」っていうのってナンセンスだと思いませんか?

 

結果を出したいと思っている人や仕事が好きな人であれば何も言われなくても積極的にやるでしょう。

 

積極性が見えないのはそこに何かしらの理由があるはずだと思うんです。

 

なのに、根本の部分には触れず「積極的に仕事をしろ」なんて言われても「?」って感じです。

 

もし自分が上司の立場だったら、部下のKPIを細かく決めて、こまめに報告させる対応をすると思います。人はなんだかんだ目の前に目標があれば頑張れる生き物だと思うので。

 

ただ、普段放置なのに経営陣から喝が入った時だけ部下とコミュニケーションを取ろうとしてきてもこちら側も困ってしまいます。

 

部下の管理は上司の仕事の大半を占めると思っています。そういう意味でも自分がプレイヤーから抜けられていない上司は要注意です。

 

この手の上司は本当に忙しそうです。自分の仕事に加え部下の管理もするのだから当たり前といえば当たり前ですね。

 

ですが、それで無理して残業ばかりして、部下の教育や管理には手が回らず。。

 

となると、上司だけでなく部下も可哀想です。

 

上司になる人はしっかりとした考えを持って欲しいですし、自分も部下を管理する側に回る時には気をつけようと思います。

 

ただの良い人じゃなくて尊敬される上司がいいですね。

 

転職活動をしてみて、市場価値を意識するようになった話。

今日も徒然と最近の考えについて書いていきます。

 

早速ですが、転職活動をしていてよかったなと思うこととして「自分の市場価値を知れる」ということが挙げられます。

 

市場価値って言ってもピンと来ないかもしれませんが、市場における価値=自分が市場でどれだけ必要とされるかと考えています。

 

これまでも自分の市場価値を意識してきたつもりでした。が、仕事をただ頑張っているだけで市場価値が上がるかというとそうではないと思います。

 

たとえば、今あなたが働いている会社が数日後に倒産してしまったとします。その時あなたはどれだけ他の会社から必要とされるでしょうか。

 

仕事を頑張ってノウハウを貯めていけば他の会社からも引く手数多になりそうな場合は、仕事をがむしゃらに頑張るのが効率的だと思います。

 

ただ、もし仕事を頑張っているにも関わらず、会社が倒産した際に他の会社から声がかからなそうだと思った場合は黄色信号です。その場合は、今の会社でしか役に立たない力を着々とつけていっている可能性が高いです。

 

なので、まずは今の仕事を頑張ることで他の会社からも欲しいと思われる人材になれるのかチェックすることが重要です。

 

チェックの結果、他の会社からは声がかからなそうだと思った場合は、他の力を身につける必要があります。

 

その力は①公的な資格②日々の情報発信③それ以外に組織に貢献できることに分類できると思っています。

 

①公的な資格に関しては、取っても意味ないという意見も多くあると思いますし、ぼく自身あんま意味ないのでは?と思ってきました。ただ、自分が経営者や人事の立場になって、同じような力を持っていて片方だけ資格を持っていて2人から1人を選ばなければならなくなった場合、間違いなく資格を持っている人を選びます。

 

資格というのは知識を有しているという証明だけでなく取得に際し一定の努力ができるという証明にもなるので、会社の外に出た時に特に力を発揮してくれるものになるのかなと思います。

 

②の情報発信に関しては、とある会社の面接で、「SNSで持っているアカウントを教えてください」「あなたはそれらをどう使い分け、どのような発信をしていますか?」と聞かれたことから意識するようになったものです。

 

社会人になってから、SNSでの発言はしない方がいいのかなという漠然とした思いからあまりしないようにしていました。

 

ですが、世の中の流れとしては情報発信できる人=自分の考えやインプットしたことをアウトプットできる人材を求める方向にシフトしているのかなと感じています。

 

もちろん、SNSに変な投稿をしたり、最近でもまだ見る飲食店アルバイトの不衛生な投稿などはもってのほかです。また、ベンチャー気質の会社と体育会系の大企業とでも考え方は違うでしょう。

 

が、個人としてアウトプットできる力は間違いなく大きな力になるよう時代がシフトしている気がします。

 

③それ以外に組織に貢献できることに関しては、組織に貢献できる力であればなんでもいいと思っています。それこそ、Excelにめちゃくちゃ詳しいとか、特定の業界にたくさんの人脈を持っていてすぐに仕事に繋げられるとか、この技術なら誰にも負けないとか、なんでもいいので組織に貢献できる何かしらの力を指しています。

 

それこそ、日本には組織として歩き出したばかりのベンチャー企業から、成熟した組織までたくさんあるので、自分がどのように組織に貢献できるのか(自分の価値)を説明できれば必ずどこかで働いていけるはずです。

 

色んな生き方があると思いますが、歳を重ねるごとに思い切った生き方をするのがだんだん怖くなってきているので、いきなりクビにされてもなんとか生きていけるようコツコツと市場価値を上げていきたいなと。

 

会社に依存せず楽しく生きていきましょう!

転職活動経過報告を徒然と。

投稿に間が空いてしまいました。

 

原因はわからないのですが、謎の病気にかかって1週間ほど治療しておりました。

 

仕事も休みをいただいておりましたが、ようやく治って来たので復職して働き始めています。

 

さて、転職活動ですが、前回から進捗はあまりありません。

 

前回受けた企業は面接の時にあまり合わないなと思ったので辞退しようと思っています。

 

その他には、SES系企業の人事の方とたまたまお話しする機会がありまして、これまでの経歴を元に給与を査定していただきました。

 

自分の市場価値を知れるという意味では大きなイベントになりました。(査定はすぐしてくれました)

 

非常に魅力のある会社さんなので、今後も応援していきたいなと思うと同時に、機会があれば力になりたいなとも思っています。

 

ただ、現状はもっともっと力をつけていかなければという方向にシフトしてきています。

 

技術力を磨くというよりは、コンサル的な部分を強化していきたいなと。

 

お客さんの業務をより効率的にできるよう主体的に動いていく中で、技術力や仕事のノウハウを貯めていけたらといったところです。

 

ただ、会社の価値観に染まるのは危険だと常々思っているので、そこは注意して社外にも目を向けていきます。

 

会社に依存し始めて「ここにしか居場所がない..」と精神的に追い込まれることが一番怖いです。

 

いつでも逃げられる場所を作っていくことはぼくの中で大事になってくるのかなと。

 

まだまだ本調子ではないので、体調が復活し次第外に目を向けるため転職活動もやりたいように進めていければと思います。

 

それでは!

【社会人3年目】面接を受けて来ました①

お疲れ様です。

 

今日は前回面談を受けた企業の一次面接を受けて来ました。

 

とっても疲れました。

 

忘れないうちに話した内容のメモをします。

 

まずは自己紹介。

これまでの経歴を踏まえて自己紹介をしてくださいと言われたので、生い立ちから話しました。

 

特に事前準備はしてなかったので、飲み会で初対面の人に自己紹介する感じにもう少し仕事エッセンスを付け加えて話しました。

 

読書が趣味と言ったらオススメの本を紹介する流れになったので、嘘は禁物です。

 

その他には

・なぜ転職活動を始めたか

・何を軸に転職活動をしているか

・今までの仕事での成功例・失敗例

・自分の強み弱み

・将来どうなりたいか

・技術は好きか(IT企業なので)

・SNSのアカウントは何をもっているか

・どのような発信をしているか

 

などなどでした。

 

とりあえず話したいことは話せましたが、ある程度話す内容を準備してからいってもよかったかなという振り返りです。

 

面談の時と同じ方が面接官でしたが、前回とは全く違う雰囲気でした。

 

リモートで顔を見せずに話だけ聞いてる担当者もいたので、なんとなくむず痒い感じでした。

 

とりあえずまとめとして

・「自分はこういうことができて、貴社にこういうメリットを与えられます。」をいかに相手に伝えるかが大事だなと再認識しました。

 

転職活動をしないにしてもその点は常に自分の中でアップデートし続ける必要があるなと感じましたので、今後ともアップデートし続けていこうと思います。

 

自分の市場価値を丸裸にされるので、ぜひ時間のある方は積極的に面接に行って欲しいと思います。

 

【体験談】レバテックキャリアを使ってみて

レバテックキャリアを使ってみて1週間が経ちました。

 

ここまでの流れとして、面談→職務経歴書の提出→応募企業の精査まで来ています。

 

現在は、応募したい企業がなくてほとんどの企業の応募を辞退したところ「何が気に食わなかったんですか?」的なラインが来て(あまり意味のない)やり取りを繰り広げているところです。

 

ちなみに、他のエージェントとの違いとして、担当者とのやり取りがラインであることが挙げられます。

 

メールよりはやり取りがスムーズなので助かってます。

 

ですが、正直紹介してもらえる企業はあまり多くないなあという印象です。

 

興味がないと言ってるのに社内SEやコンサルをゴリ押しされていて、あまり信頼できないなあというのが現状です。

 

まぁ、エージェントに頼ってもこんなものかという感じなので、今はIT界隈に詳しい友人に相談して受ける企業の精査を続けています。

 

早速明後日面接があるので、頑張ってみようと思ってます。

 

そして、毎度思うのが、会社で働いているだけだと視野が狭くなって、動くのもめんどくさいし今の会社のままでいいかな?と思ってしまうこと。

 

もちろん条件面や慣れなど色々な要素があるので、転職するのが絶対的な解ではないと思っていますが、今の環境にあぐらをかくのはあまりよろしくないと思っています。

 

外の人と積極的に絡みながらキャリアを積んでいくのがベストだというのは断言できます。(すぐに視野が狭くなる自分への戒めです。)

 

常に外に目を向け、自分のキャリアを構築していきます。

【体験談】レバテックキャリアに面談に行ってきました。

本日はレバテックキャリアというエージェントに面談に行ってきました。

 

レバテックキャリアとは簡単に言うとエンジニア・クリエイター関連に特化したエージェントです。

 

一年前の転職活動では電話面談しかできなかったので、今回はヒカリエの17Fにあるおしゃれなオフィスで面談をしてもらいました。

 

面談の流れは下記の通りです。

 

・名刺交換、自己紹介

(ぼくは名刺を持ってなかったのでもらうだけ。)

 

・転職活動の流れを説明してもらう。

 

・現在の転職活動の状況を聞かれる。

 

・転職活動における不安点がないか聞かれる

 

・事前に送っていた履歴書、職務経歴書の修正した方が良い点を教えてくれる

 

・元々用意していた求人の紹介

 

・話した中でこういうのが向いてそうだとなった求人を探しにいく(15分ほど)

 

・今後の転職活動の具体的なスケジュール決め

 

・終了!

 

といった感じでした。

合計で1時間半ぴったりといったところでした。

 

担当は同い年くらいの女性の方で、ITについて専門用語があってもしっかり会話ができる方でした。

 

今日の面談でぼくが決めたスケジュール感はこんな感じです。

 

本日 1/15(火)

 

履歴書・職務経歴書の修正 1/18(金)まで

 

エントリー企業の選定 1/20(日)まで

 

エントリー(応募) 1/21(月)〜

 

一次面接 1月下旬

 

二次面接 2月上旬

 

内定 2月中旬

 

退職交渉 2〜3月

 

入社 4/1(月)

 

わりと余裕がないスケジュールになっていますが、早めに環境を変えたい気持ちが強いので、こんな感じで期限を切って活動していこうと思っています。

 

まずは職務経歴書をブラッシュアップするところから始めます。

 

今回が転職活動3回目ということもあり、自分の要望や考え方を伝えることにも慣れてきました。

 

1回目、2回目の時より自分の考え・やってきたことがブラッシュアップされ成長できていることを実感できるので昔の活動も無駄ではなく今に活きているなと思います。

 

現状に不満がある時はとにかく色々と動いてみることが大事だと思った次第です。

 

これからも転職活動、コミュニティ活動含め積極的に動いていこうと思います。

 

 

 

【経営者になる】ための勉強会に参加して来ました

先日、会社の先輩に誘われて【経営者になる】ための勉強会に参加して来ました。

 

元々、経営者になることに興味があったわけではなかったのですが、せっかく先輩からお誘いいただいた+転職活動中ということもあり、普段とは違う世界を見れるのもいいかなと休日に早起きして参加しました。

 

結論から言うと、勉強会で話を聞いたからといって「全てに共感できた!自分も経営者になりたい」とはさすがになりませんでした。

 

ですが、勉強会の中で共感できた言葉やなるほどなと思った言葉がちらほらあったので、ちょっとまとめてみます。

 

・違和感が成長の素になる。良い違和感を常に探すべき。

 

・人は環境の生き物である。そのため、身を置く場所が大事になる。

→稼ぐ、稼がないも周りの人で決まる。

 

・目標があっても、本気で成し遂げたいと思ってないと実現しない。本気で成し遂げるためには「期限を切る」ことが重要。

 

・人生は能力ではなく選択の結果。

 

・サラリーマンから脱するためには、「考え方のクセ」を直さないといけない。それは右利きの人が左利きに変えるようなものなので、すぐに変えられるものではない。常に「考え方を学ぶ」ことが必要である。

 

・人生成功するため大事なのは2点。資金調達と人脈。

(ここは需要がありそうなら追って掘り下げます。)

 

特に最後に書いた資金調達と人脈の部分では、初めて知るフレームワークや考え方、自分も目標に掲げている人としての魅力のあげ方についての話が多く、勉強になる部分が多かったです。

 

お題が与えられて話し合うグループワークもあったのですが、「いつまでに今所属している会社を辞めて(脱サラして)自分の事業を立ち上げる!」などの話が多く、同年代でこういう目標を持って活動している人もいるんだなという学びになりました。

 

一番感じたことは、「考え方のクセ」という言葉があったように、所属している会社だけにコミットしていると他のことが見えなくなって「その会社で活躍できる考え方のクセ」だけが身についていく可能性が高いということ。

 

会社を心から愛し、この会社のために頑張りたいと思える場合はそれが幸せに直結すると思いますが、そうではない自分のような人間の場合には、積極的に社外に目を向け色んな考え方に触れていくことが重要だと思いました。