ロックン・ロール

SIerからコンサルタントに転身/キャリアと生き方。

【悩んでいる人へ】会社を辞めたい時にすべき3つのこと

新卒入社した会社を辞めて3週間。

今の気持ちはとても清々しいです。

 

もし今所属している会社に違和感を感じている若手社員がいれば、ぜひ一度立ち止まって今後の自身のキャリアを考えてみて欲しいです。

 

今回は、会社を辞めたかった時にぼくがした3つのことを紹介します。

f:id:saru_kichi:20190625145537j:image

①仕事に一生懸命取り組み出来る限りの実績をあげる。(職務経歴書に書けるもの)

 

②常に外に目を向けて情報収集。

 

③自分の経歴を言語化しまとめておく。

 

少しづつ紐解いていきます。

 

まず、自分が働く会社は簡単には決められないです。会社を辞めることにも多くのエネルギーを使いますし、転職して今より悪い状況になったら元も子もないですからね。

 

なので、いきなり「今すぐ転職!!」となるのはあまりよくないと思います。今の会社が自分に一番合っている可能性も十分にあります。

 

その判断基準を得るために、常にアンテナを張って良いと思う求人があった時にすぐにとびつけるように準備しておくことが重要になります。

 

①仕事に一生懸命取り組み出来る限りの実績をあげる。(職務経歴書に書けるもの)

 

いくら今の仕事が嫌だとしてもないがしろにしてはいけません。職務経歴書に書く内容は転職の際非常に重要になってきますので、そこに書けるようにストーリーを作れるといいと思います。

 

転職面接の際は「あなたは何ができる人ですか?何が得意ですか?」ということを聞かれます。

 

なので、この質問に答えられるだけの実績を作っておくことが重要になります。

 

本当に今の仕事が嫌すぎる場合や職場環境が悪すぎる場合は今すぐ辞めるのが正解な場合もあると思います。

 

ですが、今の会社へ違和感があり、仕事に注力しきれないという人は、まずは職務経歴書に書けることを作っていくことを意識するといいです。

 

これで意外と仕事が楽しくなるケースもあると思います。

 

②常に外に目を向けて情報収集。

 

常に社外に目を向けることも非常に大事になります。

 

社外には想像以上に魅力的な人がたくさんいます。そういった人たちの講演を聞きに行ったり、ビジネスマッチングアプリを利用してイケてる人の話を聞いてみたり、実際に転職した人の話を聞いてみたり、1人でもできることはたくさんあります。

 

モデルケースやメンターが社外に見つかるだけでも世界の見え方が変わる場合もあります。また、付き合う人が変わるだけでも世界は変わります。

 

会社に行って働いて残業して家に帰って..

気づけば毎日が会社と家の往復になっている..

 

ぼくにもこういう時期がありました。

ただ、それでは社外の人には出会えません。

それを変えられるのは自分の行動だけです。

 

③自分の経歴を言語化しまとめておく。

 

これは端的にいうと職務経歴書を常に更新しておきましょうということです。

 

実際にぼくが内定をいただいた際の流れを紹介します。

 

①明日の仕事後会えますか?というお誘いをもらう。

②OKを出す

③アポ当日のお昼頃(仕事中)に履歴書と職務経歴書を持ってきて欲しいと言われる

④更新していた履歴書と職務経歴書を持ち歩いていたので即OK

⑤その日の面談で「よくこの短時間で準備できましたね」と評価される

⑥今週中に面接できませんか?と言われる

⑦翌々日に面接に進む

⑧内定

という感じのスピード感で進んでいきました。

 

たまたまぼくの経歴が活かせる仕事だったということもありますが、もし履歴書と職務経歴書の準備をしていなければ、内定には至っていなかったかもしれません。少なくとも今回はスピード感もひとつの評価ポイントだったように思います。

 

これは一つの例でしかありません。

が、なんの準備もなしに面談に望んでいた場合は全く違った結果になったことは確かです。

 

まとめ

繰り返しになりますが、現職に悩んでいるけれど、何をすればいいかわからない..という方は

 

①仕事に一生懸命取り組み出来る限りの実績をあげる。(職務経歴書に書くため)

 

②常に外に目を向けて情報収集。

 

③自分の経歴を言語化しまとめておく。

 

をおススメします。

 

これらのことをすれば、徐々に周りの環境も変わってきます。

 

ぼくも行動を変えてから転職が実現するまでには2年ほどかかりました。

 

いきなり変わるのは難しいですが、行動を変えなければ何も変わりません。

 

時間はかかっても自分のできることから無理せずマイペースに始めることをオススメします。

 

 

 

 

 

フィリピン留学について

先日、転職までの休暇期間を利用してセブ島に英語留学をしてきました。

 

セブ島留学といえば、安く質のいい授業を受けられるため、日本人に人気の場所となっています。

 

(前職の上司にはフィリピンなんて留学のうちに入らないと言われましたが。ちょっと古い気も。でも考え方は人それぞれ。)

 

話がそれましたが、結論から言うと内容が非常に濃く充実した時間を過ごすことができました。

f:id:saru_kichi:20190625111657j:image

1日のスケジュールはだいたいこんな感じ

7:30 起床

7:45 朝食

8:00 授業開始

12:00 お昼休憩

13:00 授業再開

17:00 授業終了・休憩開始

18:00 夜ご飯・散策など

20:00 予習・復習・HW

23:00 YouTube、SNSパトロールなど

24:00 就寝

 

1日8時間の授業とプラスαで予習・復習・HWとかなりの英語漬けの日々です。

 

私の場合、大学以来の英語だったので最初はかなり戸惑いましたが、なにしろ英語しかコミュニケーション手段がないので無理やり絞り出していくうちによく使う表現を身につけていく感じでした。

 

私は今回英語学習へのモチベを上げること+バカンスが目的だったので1weekの滞在でした。

 

結果的に、十分目的を達成して帰国できました。

転職する方は、余裕があれば留学を挟んで次の職に就くことをオススメします。海外で生活する経験も貴重ですし、現地での仲間もできます。

 

少なからず視野が広がると思います。

あと、休暇中の堕落した生活を回避できます。

 

ただ、英語でコミュニケーションを取れるようになることが目標の場合は、少なくとも3-6ヶ月の留学は必要だと感じました。

 

毎日英語漬けでこれですから、日本のみでの英語習得は至難の業ですね。。

 

ティーチャーがオススメしてくれた日本での勉強法は、英語の映画を見ること。

 

現地の方も映画からボキャブラリーや言い回しを増やしてるとのことです。また、発音が綺麗なので初心者向けのリスニング練習にも持って来いとのことでした。

 

今回の留学で英語を勉強しようという気になったので、日本で勉強をしつつフィリピンを再訪した際にティーチャーに驚かれるよう英語力向上できればと思います。

 

また会社を辞めることがあれば長期で留学します。

 

p.s.

現地で英語が全くできない青年と友人になりました。彼は3ヶ月の留学の後カナダにワーキングホリデーに行くとのこと。

行動力があって素晴らしい。

3ヶ月後に日本で再会することになっているので、彼の英語力がどれだけ伸びているか楽しみです。

 

 

退職してからの生活

f:id:saru_kichi:20190624185215j:image

前の会社を辞めてから3週間が経ちました。

あと1週間で休暇を終え、新たな会社で働き始めます。

 

飲みに行く予定がなくなりちょっと暇になったので、前職退社後の生活について書いていきます。

 

まず、大まかな流れとして

①2019/3月末 内定獲得

②2019/4〜5月 退社交渉・手続き

③2019/05/31 前職退社

④2019/06/01〜 無職

⑤2019/07/01 2社目スタート

 

といった感じですね。

前回の記事で簡単に転職に際してどう思っているかまとめています。

【社会人4年目】SIer→コンサルタントへ転職します。 - ロックン・ロール

 

当記事ではもう少し細かく書いていきます。

①2019/3月末 内定獲得

3月末に某コンサルから内定をいただきました。

面談→一次面接→筆記試験→最終面接という流れで非常にスピーディーな選考でした。

内定をもらえた時は率直に嬉しいのと実際に入社するべきかかなり悩みました。

 

②2019/4〜5月 退社交渉・手続き

悩んだ末に退職を決意。

4月頭に退職したい旨を上司に報告。

上司に伝える時が一番緊張しました。

 

最終的に退職許可が下りたのが5月中旬で、なかなか退職が決まらず悶々とした時間を過ごす羽目になりました。

 

部長との面談では他の会社に行ったってお前は絶対活躍できないから辞めておけと言われたりもしました。

 

そんなこと言ってくる人の元で働くのはより嫌になったので、粘り強く交渉を続けなんとか退職しました。

 

この期間に本業でトラブルもたくさん引いてしまい有給も消化しきれませんでした。

 

この時期は円満退社を目指してなんとか乗り越えた形です。

 

③2019/05/31 前職退社

ようやく終われる..という感じでした。

退職する気が固まっているのに働くのは辛かったので、結構解放感がありました。

 

色々書類提出やもらっておかないといけないものもあるので、辞める方は適宜早め早めのチェックが必要になります。

 

④2019/06/01〜 無職

晴れて前職を退職。

無職となりましたが、なんだかんだ忙しい日々を過ごしています。

その要因として、引っ越しとそれに伴う住所変更、国民保険加入など役所での手続き。新しい会社への入社手続き、研修、打ち合わせなど地味にMust事項が多かったことがあります。

 

また、普段取ることが難しい長期休暇だからこその醍醐味で海外も2ヶ国行きました。

 

そのうちの一つはフィリピンへの短期留学で、英語勉強漬けの日々を過ごして帰国しました。

 

海外で一人で生活するのは初めてだったので、それだけでもいい経験になりましたし、英語にも多少慣れることができました。

 

ただ、習得するには少なくとも3-6ヶ月の留学は必要だと感じたので、次にまた転職する機会があればもう少し間を空けようかなあと思います。

 

どちらにせよ、一旦日本での些末な手続きなどのことを忘れることができ忙しいながらも楽しい期間となりました。

 

転職する方はセブ島留学を挟むと結構いいと思います。おススメです。

 

⑤2019/07/01  2社目スタート

未来の話ですが、恐らく忙しい日々になると予想しています。

 

忙しくてもやりがいを感じられるか、ワクワクと不安が入り混じっています。

 

とりあえず最初は下っ端としてがむしゃらに信頼を得ていくところから頑張ります。

 

英語の勉強も開始します。

日本のみでの習得はなかなか難しいと思いますが、セブに再訪した際に先生方に驚いてもらえるくらいには成長したいです。

 

最後に

転職を考えている方、ぜひ転職活動を頑張って欲しいです。

 

転職活動を通して、現職での不満点、実は案外良い点なども見えてきます。

 

あらゆる点を言語化し納得して活動を進めれば、どのような決断をしても後悔はないはずです。

 

社会人歴が増えていくと、たとえ現職に不満があっても環境を変えるのはめんどくさいしまあ今のままでいいやという気持ちが強くなると思います。

 

それぞれの人生なので強制はできませんが、ぜひ3年目が終わるまでに一回は転職活動をしてみて自分の市場価値を測ってみることをオススメします。

 

それではまた。

 

【社会人4年目】SIer→コンサルタントへ転職します。

これまで当ブログで何度も「転職したい」という気持ちを伝えてきました。そして、遂にそれが実現する時が来ました。

 

3月の最終出社日にとあるコンサルティング会社で面接を受け、無事内定をいただきました。

 

色々と悩みましたが、より人生を楽しくワクワク過ごすために、転職して新たな仕事に挑戦することにしました。

f:id:saru_kichi:20190624215840j:image

社会人になってからの3年間を振り返ると、入社してからずっと変な違和感を感じて過ごしてきました。ただ、その違和感が社会に出たことに対する違和感なのか、会社に対する違和感なのかはわからないまま悶々とした日々を過ごしていました。

 

転職活動は社会人2年目から開始して、現在に至るまでながーくほそーく続けていたので、結局違和感は消えないまま今日まで来てしまった形になります。

 

ただ、嫌なりにも3年間働いたことで、自分が何が嫌で何を求めているのか理解できた部分もたくさんあります。

 

そういう意味では、この3年間は無駄ではなかったです。

 

この先、コンサルタントになるにあたって、今の力ではやっていけないと思っています。

 

ゼロベースで覚えていかないといけないことが山ほどあると思うので、日々キャッチアップの繰り返しになります。

 

頑張った分、給料の上げ幅は大きいので、それをモチベーションに20代は頑張ってみようと思っています。

 

転職するという決断が正解なのかは僕自身わからないですし、誰にもわからないことです。

 

僕にできるのは、転職して良かったと思えるように努力していくことです。

 

転職先は、成果主義ではありますが、内容は僕のやりたいことにマッチしているので、積極的に知識やノウハウをキャッチアップして一人前を目指します。

 

今の仕事で悩んでいて転職を考えている人の気持ちは痛いほどわかるので、そういった人にアドバイスをできるよう経験を積んでいきます。

 

 

転職活動をしていて思ったこと。

転職活動をしていて思ったこと。

f:id:saru_kichi:20190624220005j:image

これまで3回ほど転職活動をしてきて、世間の転職活動に対するイメージと実際に自分でしてみた転職活動にはかなりの乖離があった。

 

世間(主にメディア、エージェント)では、売り手市場という煽り文句の元転職活動は余裕だというイメージを持たせようとしているように感じる。

 

実際転職活動をする前は、売り手市場だしどこかしら内定をもらって転職できるだろうと思っていた。

 

だが、仕事はたくさんあるはずなのに、自分の行きたい企業を絞っていくと面接に辿り着く企業は非常に少ない。

 

転職は、恋愛と似たようなもので、その時のタイミングや運に左右される部分も非常に大きいと感じている。

 

だからこそ、受け身の姿勢では良い相手は見つけられない。自分で行動して出会いを増やして価値観の合う相手、今後一緒にやっていけそうな相手を見つける。転職活動とはそういった活動だと思う。

 

これまでエンジニアとしてキャリアを積んできたが、自分はエンジニアに向いていないとずっと感じていた。

 

しかし、エージェントで提案されるのは全て今のキャリアを活かしたエンジニア職。

 

企業は第二新卒、ポテンシャル採用などとはいいつつと即戦力を求めているから、今のキャリアを活かした就活をした方がいいとのことだった。

 

腑に落ちない部分もありつつ、エンジニアとして何個か面接を受けてみたが、そもそも自分があまりいきたいと思っていなかったため、内定にはいたらず。

 

今は好きじゃないけどとりあえずデートに行ってみたら好きになるかもしれない!

 

で結果やっぱり好きにならない。を繰り返していた。

 

やっぱりそこも恋愛と一緒で合う合わないはあるので、自分と企業の方向性が合う企業を選ばないと、結局また辞めたくなって次を探して..の無限ループに入ってしまう。

 

そう考えると、新卒のキップは非常に大事だが、一度も社会人として働いたことのない状態で就職先を選ぶのは至難の技だと思う。

 

もちろんOB訪問を繰り返して行きたい業界を絞ったりすることは可能だ。一目惚れした企業に行くのも良いと思う。

 

ただ、一度も女性と付き合ったことのない人が一発で生涯の伴侶を見つけるのは難しいのと同様に、新卒で完璧にマッチする会社を見つけるのは今の仕組みでは難しいと思う。

 

最近、会社の同期が「一生この会社にいるつもりはない、そのうち転職活動をしようと思っている。売り手市場だし、どこかしらいいところに行けるだろう」と言っていた。

 

そのように考えている人は多いと思う。そういう方はぜひ一度転職活動をしてみることをオススメする。

 

現実が見えてくるし、自分が今後するべきことも見えてくる。

 

そして、現在の業務をこなしながら転職活動を進める大変さも実感できるだろう。

 

本当に転職したいのなら、自分の仕事が少しでも落ち着いている時期を選ばないと精神的にも体力的にもきつい。

 

職務経歴書も今から日々更新していった方が完成度が高くなる。

 

転職活動は、世間の声と実態との乖離を把握し、自分のニーズを顕在化させ、自分の未来をデザインしていくいい機会になると思う。

 

 

【社会人3年目 振り返り】遂に3年が終わる。

遂に社会人3年目として出社する最終日を迎えました。

 

世間でよく言われる「石の上にも三年」や「嫌なことがあってもとりあえず三年は頑張ってみろ」の期間を終えました。

f:id:saru_kichi:20190624220128j:image

3年間を通じて、多少は成長できたかなと思う部分と、一度も楽しいと思える瞬間はなかったなという寂しさもあります。

 

1年目の頃は、いち早く成長したい自分とゆっくり育てていきたい会社の方針の狭間で苦しんでいました。なかなか仕事を与えてもらえず社内ニートのようになっていました。

 

2年目になってもその状況は変わらず。特に何をしたということも思い出せないほどで、基本的に定時退社していました。この時期に当ブログを開設し日々の思いを書き始めました。

 

3年目になると、社外コミュニティにジョインし、さまざまなイベントの企画運営に携わるようになりました。

 

仕事との両立は大変でしたが、チームで1つの方向を目指す楽しさを感じたのを今も覚えています。

 

仕事は徐々に残業が増えつつも楽しくないので、うまく定時退社してコミュニティ活動やプライベートに時間を割く生活を送っていました。

 

そのような形で、3年を終えました。

長いような、短いような。

 

苦しんだ3年間でしたが、振り返れば日々を充実させようと必死にもがいた3年間だったと感じます。

 

社会人4年目になるにあたり今後の進路について検討をしているので、それについては別記事で書いていきたいと思います。

 

人生まだまだこれから!

 

一緒に働く人について

ご無沙汰しております。

久々の更新となります。

 

3月は忙しく仕事以外のことを考える時間があまりなく。。毎日が忙しないです。

 

まだまだ4月にかけて重い案件や数件のトラブルがありますが、なんとか対応しきって次への足がかりにしたいなと思っています。

 

前々から何度か転職活動をする中で、自分の中の軸として「誰と働くのか」というものを掲げています。

f:id:saru_kichi:20190624220251j:image

一緒に働く人次第で楽しい楽しくないが変わると思っているからです。

 

そんな中、最近なるほどなと思うtweetに出会いました。

 

「自分の中に正解があるのに、それを伝えずに(または適切に伝えられずに)人に仕事をさせて、出てきた成果物と「正確」との差分を要改善点として指摘する振る舞いは人を病ませる力が強いので出来る限り出来る限り避けた方が良さそうです」

 

まさに最近こういった先輩に苦しんでいるので、非常に腹落ちしました。

 

その人が良い人悪い人に関わらず、こういった振る舞いをされると精神的にやられるなと思います。

 

部下を育てるつもりで仕事をさせるなら良いですが、自分が忙しいから正解はあるけど人にやらせ、出した成果物に対し正解との差分を指摘する。

 

やられる側はたまったもんじゃありません。

 

もちろんケースバイケースですが、今のわたしはこういったことにきつさを感じています。

 

誰と仕事をするかって本当に難しいですね。歳が離れていて価値観が違うとなおさらです。

 

もっと気持ちよく働きたいものです。