ロックン・ロール

社会人3年目ITエンジニア。社会人1年目〜3年目に至るまでの考え方の変遷を綴ります。 今の生活にどこか満足しきれないぼくの生き様をお送りします。

2018年になってから読んだ本を紹介していくver.6

2018年に読んだ本を紹介するシリーズ第6弾です。

 

ではさっそく。

一個人の感想として

A→良著。また読みたい。

B→普通。再読はしないかなー。

C→微妙。

で評価してみます。

 

※完全に個人的主観な点ご容赦ください。

 

16.リバース

著者:湊かなえ

f:id:saru_kichi:20180420115558j:image

評価A

暇つぶし感覚でたまたま手に取った一冊。

 

湊かなえさんの作品は大学生の時に『告白』や『少女』、『夜行観覧車』などを読んでいてどの作品も面白かったので、『リバース』も期待感大で読み始めました。

 

結論から言うと、最後の最後の大どんでん返しというか伏線の回収というかがすごくて、読了後数分呆然としてしまいました(笑)

 

途中までは先を読めて「こうなるんだろうな」と読み進められたのですが、結論がえげつなかったです。。

 

主人公が社会人3年目というところも共感ポイントでした。

 

ミステリー好きな人にはオススメの一冊です。

 

17.経済は世界史から学べ

著者:茂木誠

f:id:saru_kichi:20180420120152j:image

評価A

現役の予備校講師が書いているということもあり、非常にわかりやすく面白い一冊でした。

 

大学受験で世界史を勉強していたので、「ここ懐かしいな」とか「この戦争ってこういう経済状況が引き金になっていたんだ」などめちゃくちゃ面白かったです。

 

内容は以下の5章から成っています。

第1章 お金(1) 円・ドル・ユーロの成り立ち
第2章 お金(2) 世界経済と国際通貨
第3章 経済の自由化
第4章 投資とバブル
第5章 国家とお金

 

イラストでわかりやすく図解してくれているため初学者のぼくでも読みやすかったです。

 

新たに金融や経済にも興味が出てきたので、きっかけ作りにオススメの本だと思います。

 

18.葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午

2003年

f:id:saru_kichi:20180516173949p:image

評価:B

 

友人に『リバース』を薦めたところ、「ミステリーが好きならこれを読め!」と推薦されたのが本著でした。

 

とにかく大どんでん返しが待っていると言われ、その前情報のみで読み始めました。

 

前半は話がいったりきたりする感じがあり「あまり入り込めないなあ」と思っていました。

 

が、中盤あたりからなんとなく話の流れがつかめてきて「なるほどやっぱりそう繋がるのね。」と思っていたら終盤で完全にひっくり返されました。

 


(もはやひっくり返されたというより何が起きているのか理解できない自分がいました。)

 

内容に触れてしまうとどんでん返しの推測ができてしまい本著を読む醍醐味がなくなってしまうので中身には触れません。

 

正直、若干無理やりすぎるんじゃない?と感じる部分もありますが、結論は全く読めなかったので筆者の思惑にしてやられた形になりました。

 

 

こてこてミステリーって感じではないですが「自分なら展開を予測できる」と自信がある方は読んでみると面白いと思います。

 

 

今回は以上です。

それでは!

 

【2018年4月】目標に対する進捗の確認。

2018年4月が終わりましたので、早速振り返っていきます。

f:id:saru_kichi:20180509221659j:image

1ヶ月の活動

 

【目標】

①教養、知見を深める

・積極的に旅行に行く

✔︎最低月に1回

達成。(ベトナム)

 

・読書をする。

✔︎3〜5冊。読了後コメントを友人に送りつける。

達成。(5冊)

 

・日記を書く

✔︎毎日。

達成。

 

②肉体のパンプアップ。

・8回/月でジムに通う

未達成。(0回)

 

【まとめ】

4月は仕事の負荷が死ぬほど高かった3月と比べると、落ち着いて仕事をすることができた月でした。

 

落ち着いているとは言っても、日々わからないことがどんどん出てくるので、精神的には嫌なことも多くありました。

 

ですが、後手に回ることはなく無難に終えた形です。

 

目標に対する感想としては、ジムを解約してしまったので、「②肉体のパンプアップ」の目標は一旦修正して無しにしようと思います。

 

やはりジムに通うなら職場の近くor自宅の近くでないと続けるのが難しいですね。。

 

読書に関しても、最近サボり気味で読書欲もあまり湧いてこなくなってきました。

 

これに関しては自分の中でも波があると感じているので、また読書欲が湧いてくるのを待ちつつ、現状は動画やネットの情報など別媒体から情報収集をしていけたらと思っています。

 

GWも終え、楽しみにしていた東南アジア旅が終わってしまったので、今後の新たな楽しみを作っていかねばという心境です。

 

一番の問題は、人生で最も多くの時間を使う仕事ですね。

 

仕事に対する視野が狭くならないよう、いろんな人に会って多くの選択肢に出会っていきたいと思います。

 

以上!!

 

人生のゴール地点を決めるということ。

今回はぼくの悩みについてです。

 

あなたは自分の人生の目標を持っているでしょうか。

 

先日、友人と話していて、社会人になってからずっともやもやしていた理由が少しわかった気がします。

 

友人は「将来こうなりたいから、そのためには今これをして、来年はこれをして、、」となりたい姿になるために今何をすべきなのかを具体化していました。


それに比べ、今のぼくは目標(人生のゴール地点)を定めずただただ生きてしまっています。


そのため、全てのことが当たり障りのないようにこなすだけの作業に代わってしまいます。

f:id:saru_kichi:20180508182128j:image

思い返すと、高校時代は甲子園に出場するという明確な目標を持ち、そこに対して今何をすればいいのか何をしておかなければならないのかを考え日々行動していました。


それこそ高校の3年間は息をつく暇もなく朝から晩まで授業中も含めて野球のことばかり考えていました。


もちろん自分を追い込む中で辛いという気持ちが生まれることもありましたが、目標を達成した際の姿を想像することでわくわくし自分を奮い立たせて頑張ることができました。


振り返るととても充実していたなと思います。


また、受験の際も志望校合格という達成したらめちゃくちゃ嬉しい目標を設定し、そこに向けて今何をすべきなのか逆算して日々勉強をしていました。


その時も日々自分の弱点を潰しながら目標に近づく感覚を味わうことができ
非常にいい経験だったなと思います。


ただ、それ以降の人生では特に目標を設定することなく、「楽しければいい」という心持ちで過ごしてきてしまいました。


その結果、就活の際も頭を抱えることもなく最初に内定が出た会社に早々に決め今を迎えています。


今の生活は、自分でもどこに向かっているか分からない迷子のような形になってしまっています。


自分で何をしたい、どこを目指したいというゴールが決まっていないため、仕事をしていてもやらされていると感じてしまい楽しむことができていません。

 

つまり、今のぼくには人生のゴール地点を設定する作業が必須で、そこを決めたうえで行動していかなければ何をしていても一生鬱屈とした気持ちで生きていくことになるんだろうなと思っています。

 

この一点に対し、死ぬほど頭を抱えて考えないと本当にまずいなと思います。

 

どこを目指すのか、どうなりたいのか、非常に難しい問いですしもっと早く考えるべきだったと思います。

 

今後の人生で一番若いのは今のぼくなので、ここから死ぬ気で考えていこうと思います。

 

社会人3年目になりどんどん社畜耐性がついているのが自分でわかる

社会人って嫌だなあ。

 

こんな生活40年も続けられない。

 

と嘆いていたぼくでしたが

 

3年目ともなるとさすがに耐性がついてきたようです。

f:id:saru_kichi:20180423200132j:image

まだまだエンジニアとしての知識、社内業務ともにわからないこともたくさんありますが、それでも最初の頃よりは自分の力量でなんとかできる場面が増えてきました。

 

おそらく、いっときの忙しい+トラブル続きだった時期を乗り越え、それ以下の出来事に対してはあまり動じない胆力のようなものは身についてきたのだと思います。

 

ですが、正直今の仕事が楽しいと思う瞬間はほとんどなく、仕事だしお金もらえるし仕方なくやるというような気持ちで仕事に取り組んでいる日々です。

 

一時は転職した方がいいのではないかと思い、転職活動をして面接を受けていたこともあります。

 

今でも、仕事後や土日を使って、社外の人に積極的に会いに行き話をするように心がけています。

 

そんな中で最近よく思うのが、社外の人と会うと普段会社の人としか話していない分めちゃくちゃ視野が広くなります。

 

ただ、その分自分の中に選択肢が増え、今の環境にフルコミットしづらくなるというデメリットも感じています。

 

おそらく、今の会社に居続けるという選択肢がぼくの人生において一番楽な選択肢なんじゃないかと思ってます。

 

仕事自体は嫌なことも多々ありますが、まあ頑張れば結局なんとかはなりますし、何より人生における決断を迫られるタイミングがないので楽です。

 

でも、一生このままでいいのかなとふと思うタイミングもあります。

 

今の会社にこのまま染まっていくと転職することも難しくなる気がしていますし、今後どうするべきなのか難しいところです。

 

とりあえず、GWの連休で東南アジア3〜4カ国に旅に出るので、そこで色んなところを見て色んな人と話して色んなことを感じて今後の判断の糧にしたいと思ってます。

フォルダにアクセス権を付与する際、ビルトインユーザーしか見えてこない

ここ2週間くらいフォルダへのアクセス権付与でずっとハマってました。

 

ようやく解決したのですがかなり手を焼いたので、備忘録として簡単に内容を書いておこうかなと思います。

 

今回はオンプレのファイルサーバーをAzureに移行し、新たにアクセス権を付与するという内容でした。(WORKGROUP環境)

 

データ移行自体はROBOCOPYを使って滞りなく完了したのですが、その後なぜかNTFSのアクセス権を付与できずに苦しみました。

 

(契約内容的にAzureサーバーを直接は触れず、ネットワーク越しでフォルダだけ触れる状況でした。)

 

社内からネットワーク越しに共有フォルダを見ると、「プロパティ」-「セキュリティ」-「編集」-「追加」-「詳細検索」でユーザーを検索してもAzureに登録しているはずのユーザーとグループが一つも見えてこないんです。

(ビルトインユーザーだけ表示される)

 

最終的に解決した方法は

Azureに作成したローカルユーザーと同じものを社内のPCでも作成し、その作成したユーザーでログインした後に再度アクセス権を付与するとうまくいくといったものでした。

 

色々調べてみて、「net use」コマンドで接続を切断した後に再度繋ぎ直したり、hostsファイルにサーバー名を登録して違うセッションとして接続しにいったり、資格情報マネージャーに何度も資格情報を登録し直したり、UACを有効にしてみたり、管理者権限のあるユーザーで同様の動作を確認したりとしましたが全てうまくいきませんでした。

 

最終的にダメ元で試したAzure上のユーザーと同じユーザーでPCにログインして事なきを得たのですが、これが正常の動作なんですかね。

 

これまでは、PC上にAzureに登録しているユーザーと同じユーザーがいなくても、資格情報を登録すれば問題ない認識でした。

 

今後同様のケースがあった際に余裕があれば再度試してみたいと思います。

 

2018年になってから読んだ本を紹介していくver.5

2018年に読んだ本を紹介するシリーズ第5弾です。

 

半年ぶりくらいにPCから更新しています。

 

PCの方が画面が大きいしタイピングしやすいし書く気が起きるなと痛感しています(笑)

 

ではさっそく。

一個人の感想として

A→良著。また読みたい。

B→普通。再読はしないかなー。

C→微妙。

で評価してみます。

 

※完全に個人的主観な点ご容赦ください。

 

13.20代に伝えたい50のこと

著者:秋元祥治

f:id:saru_kichi:20180414171707j:image

評価:B

 

本屋に行くと、20代の~~系の本はたくさん置かれています。

 

これらの本は、20代のうちに読むのがベストかなと思い読んでみました。

 

【気になった点】

・電子書籍は自分が興味のある本しか検索しない。本屋に行けば、自分が興味のなかった本にも出会える。

→自分の興味の範囲を広げるために、本屋に通うようにしてみました。

ただ本屋に行くだけだと自分の興味のある場所にしか足を運ばないので

意識的に本屋を一周するようにしています。

 

・同じ分野の本を1万円分購入する。それだけ読めば通説と反論を両方を押さえることができる。

 

・お金と時間をどう使うかで人生が決まる。

 

・選択の基準は、自分自身を空から見下ろして「お前面白いことしてるじゃん」と思えるかどうか。

 

・選択肢を持つ。そうすることで比較ができる。そういう意味で日本語だけでなく英語も学んだほうがよい。

 

もっともっと本を読んで知識を吸収して、興味の幅を広げるとともにアウトプット力も鍛えて向上させる20代を過ごさねばなと感じました。

 

14.25歳からのルール

著者:吉山勇樹

f:id:saru_kichi:20180414171721p:image

評価:B

 

25歳の今、25歳というワードが気になって手に取りました。

 

【気になった点】

・汚いところほど掃除する。
トイレ掃除をすると気が引き締まる

 

・人間の脳は目覚めてから2時間しないと活性化しない。
9時からトップスピードで仕事に取り掛かるためには、早起きで助走をつけることは重要。

 

・自分は何を大切にしているのか
何に最も価値を感じるのかを明確にすることが大事

 

・20代は多少無理をすることが必須

 

15.瞬発力の高め方

著者:ジョーブログ ジョー

評価A

f:id:saru_kichi:20180414182158p:image

 

 何事も全力で挑戦する姿勢がめちゃくちゃかっこいいジョーブログのジョーさん。

 

元気がないときはジョーさんのYOUTUBEを見て元気ややる気をもらっています。

 

そんな自分の気持ちに素直に生きているかっこいいジョーさんの本。

 

一瞬で読み終わりました。

 

【気になった点】

・やりたいことが「温泉旅行」しか思いつかないやつはもはや病気

 

・人には2つの型がある。

 

目標達成型

イチローや本田圭祐みたいに小さい頃から自分の大好きがわかっていてそれをコツコツ練習して、結果を積み上げていくタイプ

 

展開型

目の前に現れる欲求、行ってみたい場所、食べてみたい料理、会ってみたい人物、

読んでみたい本...興味を持ったことに触れてみる。

それが後から振り返ってみるとストーリーは一本になっていくパターン。

 

・おれが出会った人はみな、"満足"した時点で面白くなくなっている。

現状維持とか言うてる時点で、すでに後退。

 

就職して、結婚して子どもができて満足しているやつ

自分の店を一軒持って、ある程度繁盛して満足しているやつ

etc...

 

・自分をもっと満足させてくれることを貪欲に探し続けていれば

やりたいことは無限にあふれてくる。

 

自分の気持ちに素直に生きてどんどん行動していくその姿勢がかっこよすぎます。

気になった方はぜひYOUTUBEも見てみて下さい。

たくさんの刺激がもらえます。

 

--まとめ--

20代前半、会社に入り働く意義を見いだせず辛い日々を送っていました。

 

ですが、人生を楽しくするためにはもっと上を目指して

どんどん興味を持ったことに取り組んでいこうと思います。

 

会社で働いているとどうしても視野が狭くなるので

①視野を広げるべく読書

②社外の人と積極的に会う

③アウトプットする

を意識して上を目指します。

 

 

 

 

 

2018年になってから読んだ本を紹介していくver.4

2018年に読んだ本を紹介するシリーズ第4弾です。

 

一個人の感想として

A→良著。また読みたい。

B→普通。再読はしないかなー。

C→微妙。

で評価してみます。

 

※完全に個人的主観な点ご容赦ください。

 

10.多動力 堀江貴文

f:id:saru_kichi:20180403225125p:image

評価A

 

一度2017年に読んでいたのですが、内容が面白かったので転職活動の面接前に読み直してみました。

 

自分ならではの価値を出せという本著の趣旨に、自分が与えられる価値ってなんなんだろうと胸を締め付けられる結果となりました。


今の仕事は楽しくもつまらなくもない状態で、自分ならではの色を出すのは難しそうだなと思っています。


ただ、まずは興味を持ったことをやってみて、飽きたらまた別のことをやればいいという考え方は素敵だなと思いました。

 

現状は、とにかく動き続けて自分なりの価値を探していくしかないのかなと思いました。

 

11.社畜上等  常見陽平

f:id:saru_kichi:20180403225333j:image

評価A

 

『社畜上等』というタイトルですが、筆者の常見さんは社畜になることを推奨しているわけではありません。

 

せっかく会社で働くのであれば、前向きなマインドで働いていきましょうという内容の一冊です。

 

特に心に響いたのは

 

・会社の魅力はやらされること。
・自分より若い社員をバカにしない。
・頑張りすぎないことを頑張る。
・味方を作る。

 

やらされることはマイナスに捉えられがちですが、やってみて初めてわかることはたくさんあるので、まずは与えられた場所で頑張ってみようということです。

 

また、味方を作って働きやすい環境を整えていくという一節も、今のぼくには必要なことだなと痛感しました。

 

どうせ働くなら、会社を利用しまくってやりましょうという内容の一冊でした。

 

12.社会人1年目の君に  佐々木常夫

f:id:saru_kichi:20180403225438j:image

評価A

 

筆者の佐々木さんは、家庭で自閉症の長男、肝臓病、うつ病を患った奥さんを支えながら、職場では徹底した業務効率化で実績をあげ、東レで取締役までなられたすごい方です。

 

今では家庭と仕事を両立した実績から、ワークライフバランスの先駆者と言われ、働き方改革においても注目をされている方だそうです。

 

特に心に響いたのは

 

・一歩先の行動を先読みし、仕事において常に自分を有利な立場に置く。
・出世欲を持ちなさい。
・会社の常識は社会の非常識

 

です。

 

出世し役職が与えられれば、権限を会社からもらうことができる。上に行けば行くほどその権限は強くなる。そうすると仕事もプライベートにもメリットがある。

 

これが出世欲を持つべき理由です。

 

また、仕事において自分が有利な立場にいけるよう動くという考え方も新鮮でした。

 

まとめ

 

最近は働き方に関する本を読む機会が増えてきました。

 

その中でも、仕事を円滑に進める上では「常に先を読み、自分が負けない状態を作っていく努力をすること」が大事なのだなと感じています。

 

若手だとわからないことが多くそういう状態を作るのが難しいですが、常に意識して仕事に取り組んでいこうと思います。

 

それでは!

 

第5回目の紹介はこちら!!

2018年になってから読んだ本を紹介していくver.5 - ロックン・ロール